忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


山鹿の旅 07「山鹿温泉元湯 さくら湯」

温泉の街に来ておきながら、温泉入らずに帰るなんてね。
今回のお題は山鹿の旅なんだし、入りましょう!

ということで、「山鹿温泉元湯 さくら湯」 [ sakurayu.coresv.com ] へ。
Sakura Bath House
江戸時代の街湯、というか公衆浴場を、当時の雰囲気で再建したものです。


この建物の横にも番傘灯籠が設置されていましたけど、八千代座から撮影しながらこの場所へ到着した時には、光は消えていて撮影出来ませんでした。

利用したのは二日目の夜です。
Sakura Bath House
すぐ横に無料駐車場が用意されていますが、収容台数が少ない。満車の場合は、提携している温泉プラザの立体駐車場へ止めてくれとのこと。1時間だったか2時間までは無料らしい。
ということで、屋上駐車場へ上ったわけなんだけど、32にはちょっと辛かったね。入口も止める場所もスロープだらけなんだもん。「うわぁー」とか思ってる時に限って後ろから車がやって来るし・・・

その駐車場から「さくら湯」を見下ろしてみる。
Sakura Bath House
通り側は裏口で、入口は裏からになっている。
Sakura Bath House
利用客が多かったので中へカメラを持ち込めず、浴槽などの撮影は出来ませんでした。人の減るタイミングを待っていましたけど、のぼせそうになったので諦めた。オープンしたのが24年11月末ということで、まだ綺麗な浴場でした。泉質も湯加減も心地良く、次回灯籠浪漫見学に来たら、また入って帰ろうと思った。
Sakura Bath House
灯籠浪漫とか、イベントの時だけでも営業時間を延長してみてはどうかな?とか思ったわけだ。
24時まで営業だから、普通の人なら最後まで見学しても入浴の時間は残ってるはずだね。

つづく・・・

拍手[1回]

2013.03.03 (Sun) | Comments(0) | ドライブ > 熊本・阿蘇 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR