忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 57「MSM:雨のライトアップ」

ホテルの窓からは壁しか見えない。TVをつけてもフランス語じゃあ理解できない。ネット回線も来ておらず、部屋に居ても何もすることが無い。本来なら今日は窓辺でグラスを傾けながら島を眺めるはずだったのに。ゴロゴロ、イライラしながら酒を飲む。
そうだ!ライトアップされたモン・サン・ミシェルを見に行こう。

18時過ぎ、外に出たら既に真っ暗だった。
それまでも寒かったけど、陽が沈むと尚一層冷え込む。

ホテルから15分程歩いた場所で寒さに耐えられなくなり、「もうここでいいや!」と撮影開始。
塔の頂点にあるミカエル像を照らしているライトが雲に当たって乱反射している。

新婚旅行でしょうか、日本人カップルがチラホラ・・・
陸側からコンデジで撮影しては「写らな~い!」と、皆同じリアクション。
いまいち像が小さかったのと、川の水面にライトアップされたMSMが映る場所から撮影したかったので、さらに道を歩く。


道は真っ暗です。
雲が無ければ星景写真にしようと、タイマーリモコンを購入して来ていたのに、空は雲に覆われているので出番なし。

レンズが70mmまでなので、結局駐車場入口付近まで近付いて撮影。

綺麗に反射してないな・・・・
また明日があるさ。

ホテルへ戻る。
さすがに今日はレストランを利用する以外に食事方法はない。
ホテル前にあるレストラン【La Bergerie】に入ってみる。

この辺のレストランは普通に日本語メニューが用意してある。慣れていない人の為に値段ごとのコースが組まれていて、サラダ・メイン・デザート・ドリンクの各項目から好きなものを選ぶ。値段によってサラダとデザートの間に出てくるメニューの品数や内容が違う。
この店のメニュー的には高からず、個人的には安からず、15eurのコースを選択。ドリンクは、ビールは既にホテルで飲んでいたのでワイン・・・って柄でもなく、この辺の特産品であるCIDER(シードル)というリンゴジュース (4eur)にした。ちなみに、ジュースとは私が勝手に書いているだけで実際は発泡酒だ。でも自分にとってはジュースだ。

オーダーが終わると店員が下がり、すぐにパンが出てくる。もう一度厨房に戻りサラダが出てくる。作り置きのごとく早い。
どこかで監視されているかのように、食べ終わるとすぐに店員が席へ寄って来て"finish?"と聞いて来る。さっさと皿を片付け、これまた凄い勢いで次のメニューが出てくる。作り置きを電子レンジで温めているだけじゃないのかと思える位の早さだ。
メインディッシュはサーモンをそば粉のガレットで包んだ物を選んでみた。オーダーが終わるとメニュー表を下げられたので、詳しい名前は覚えてない。

最後にアイスだったか、プチケーキが出て来て終了。
一人のレストランは淋しいもんだ・・・

のんびりするはずだったにもかかわらず、トラブルにより結局ガツガツ動き回った一日だった。

つづく・・・

拍手[1回]

2011.02.19 (Sat) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR