忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


鹿児島ドライブ 01「桜島」

三連休。婆様から「京都まで行きたいからお供しておくれ」と連絡が入り、フェリーとホテルの手配に追われる週末。神戸から行こうか大阪から行こうか。ついでに京都の夜景も見に行けるな(ムフフ・・・)とか考えてたら、「車は嫌だ」と注文が。そして「大阪から電車に乗って移動しよう」とか言い始めた。あの辺はわかりませんって・・・
言い合いしていたら、最終的に「また今度にしよう」という事になった。なんだよ、それ。

既にお出かけモード入っていたので、家族とどこかに行こうということに。思いつきで鹿児島へ、ということになった。連休ということで、当然のごとくホテル予約は取れず、最終的に八畳一間4人で12,000円というビジネスホテルに予約を入れた。条件聞いただけで嫌な予感はしていたんだが・・・まあいいや、触れずに話題を進める。

今回ドライブに使用した車はR32ではなく、最近ボロティマに変わって納車されたノテとかいう車。これも触れず進めよう。ということで、今回は「R32と風景」写真は出てきません。

7時30分:九州自動車道古賀インターチェンジを通過。あとはひたすら南下するのみ。
11時40分:鹿児島北インターチェンジ通過して鹿児島到着。
桜島へ渡るため、一直線に桜島フェリー乗り場へ。乗り場をバックに映画のロケをやっているようでしたが、細かい確認はせず乗船。

(画像クリックで拡大表示)
この日は非常に天気が良く、錦江湾の奥に開聞岳の頭が見えていました。

15分程で到着します。行きは下船後、帰りは乗船前に運賃を島で払います。ノテは全長4020mmということで1,480円。あと21mm短ければ410円安かったのに~


まずは長渕剛のライブ記念モニュメントの見学をするつもりが、見つけることが出来ず有村溶岩展望所まで行ってしまった。

現在活動中の噴火口を最も近くで眺めることの出来る場所らしいです。
みんな山に向かってカメラを向けているというのに、一人だけ山を背に撮影している人がいた。はい、私です(笑)

風景としては山を背にした方角の方が綺麗だと感じました。

光が弱くて色が綺麗に出てませんが、湾内の色がなんとも綺麗でした。
一人だったら雲が流れるのを待って撮影するのですが・・・

長渕剛のライブ記念モニュメントを探して来た道を戻ります。
・・・・が、運転手が途中で右折して到着したのは湯之平展望所。

山肌を近くで眺めることが出来ます。

展望は360度で、錦江湾とその奥に鹿児島市街。恐らく、夜間訪れると夜景が綺麗なのではないかと思います。

霧島連山、開聞岳まで一望。

今度こそ、モニュメントを目指して移動ます。つづく・・・

拍手[0回]

2010.10.10 (Sun) | Comments(1) | ドライブ > 鹿児島 | Edit |

コメント

今頃になって知りました。
3連休で鹿児島にいらしてたのですね。
いやあ、よくぞいらっしゃいました。
32でなかったのが残念ですが、
それはそれで・・

2010. 10. 26 - 05:55 | たぬ [編集]
Res:
そのうち、また32で行きたいと思います!
【 2010. 10. 29 - 23:26 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR