忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


酷道を行く

先週阿蘇で撮影してきた写真です。
北外輪山、ミルクロード途中から内牧に降りる道での撮影。観光客への認知度は低く、知っている人でも谷を展望できる場所までしか入りません。狭いし、落石の跡も凄いちょっと恐ろしい道ですから。

(画像クリックで拡大表示)
たまに地元の人の軽トラが通過するくらいなので、ゆっくりと撮影が可能。


雲海を撮影する時、太陽がちょうど良い位置から昇ってくる場所だと、私が雲海撮影を始めるきっかけとなったカメラマンの方から言われてよく行くようになりました(とある雑誌で撮影しているのを見て、うちの32でも入れると思ったのもあるけど)


どんな場所かというと、こんな場所。以前も載せた事があると思います。

引きで眺めると無理矢理道を造った感じがあって面白いです。ここから谷を眺めていると、飛び立ちたくなります(笑)

■今回のシリーズ
阿蘇クリスマス・バルーンフェスティバル2008
starlight
大観峰からご来光を拝む

拍手[0回]

2008.12.30 (Tue) | Comments(0) | ドライブ > 熊本・阿蘇 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR