忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

04
06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10
15 16 17 18
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


エキマニスタッドボルト折れ

車検に向けての準備をしようと車庫へ。室内やエンジンルームの作業ならばガレージ内で作業が可能。しかしタイヤ交換なんかを行うには幅がちょっと足りない。表に出して作業を・・・・暑い!!
とりあえず洗車でもすれば辺り一帯に水が撒かれて打ち水効果で少しはマシになるかと洗車を・・・・蒸し暑い!!
打ち水は日が陰ってからでないと蒸し暑くなるだけみたいです。今日の作業は中止(何もしてない)。

ついでなんで、見積り時にディーラーで指摘されたエキマニスタッドボルト折れを目視確認してみました。

入り組んだ場所なだけに写真がうまく撮れません。分りやすい写真が撮れないものかと悪戦苦闘するが、普通のデジカメを中に入れることは出来ず無理であった。そこで特殊小型カメラ(通称:携帯電話)を差し込んで撮影。

確かに折れて無くなっている。こんな所のボルトが無くなっているなんてよく見つけたものです。歪んでいる感じには見えませんけど、ボルトを付けるだけじゃ駄目なんですかね?この際だからステンのエキマニにでも交換しますか(笑)

拍手[0回]

2008.07.20 (Sun) | Comments(4) | my R32 | Edit |

コメント

 純正EXは、以前高速道を走行中にヒーターホースが裂けて、ヘッドガスケットが抜け、OHをした時に歪みが見つかり交換しましたが、確か¥18,000くらいだったような気がします。
 このEXの歪の原因としては、ディラーのサービス曰く、「ブーストUPによる負荷の増大ではないか」ということでした。

2008. 07. 22 - 01:05 | typeM-R [編集]
Res:
>ブーストUPによる負荷の増大ではないか
ひょえ~!
もっと強いエキマニが必要ですかね。
【 2008. 07. 22 - 22:44 】

すいません6万円台からありました・・・。価格破壊ですな。

2008. 07. 22 - 00:00 | ムラサキ [編集]
Res:
>価格破壊ですな。
そ、それでも高い・・・(+o+)
【 2008. 07. 22 - 22:46 】

・・・補足。
マニが反ったり割れたりのトラブルはドリフトのような
高回転でマニが焼けるくらい走ったりしないかぎりそうそう
起こらないとは思います(想像)。通販で10万円ちょいからありますが、高くてもイイ物にしたほうがいいと昔アドバイスされました。
GTS-R純正の等長マニなんてどうでスカ(笑)

2008. 07. 21 - 12:13 | ムラサキ [編集]
Res:
>通販で10万円ちょいから
そんなに高いとは思ってませんでした!
やはり純正で(笑)
【 2008. 07. 21 - 22:29 】

6気筒はマニが長いから反りやすいらしいです。
・・・っというのはステンマニの話ですが。
ノーマルRB20にステンマニをつけるとかなり低速トルクが
痩せるというのがムラサキ筋の定説です。抜けすぎちゃうんですね。

2008. 07. 20 - 23:54 | ムラサキ [編集]
Res:
そうなんですか?なら純正がいいですね。
個人的には排気効率より音が目的でステンとか思ったんですけど(笑)
【 2008. 07. 21 - 10:25 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR