忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
10
15 16
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 2017-11「筲箕湾トラムターミナル」

筲箕湾 (Shau Kei Wan)へやって来た目的は何か。
トラムの終点・始点がこの場所にある。
東へ向かって走ってきたトラムが、このロータリーを一周してまた西へ向かい走って行く。
『筲箕灣電車總站 (Shau Kei Wan Terminus)』
Shau Kei Wan Tram Terminal
なぜ行列のできる店を通過してまでマクドナルドなのか。
窓際の席からその終着駅を見下ろせるから。
Shau Kei Wan Tram Terminal
それが全てである。


とりあえず角の席を陣取った。
Shau Kei Wan Tram Terminal
香港はマックですら、ちゃんとスライスレモンが入っている。
Shau Kei Wan Tram Terminal

トラムが好きでよく眺めている人なら分かると思う。来る時は繋がって来るけど、来ない時は全く来ない。それはここでも同じ。
Shau Kei Wan Tram Terminal
ただ、出発の時間は決まっているようで、ここで調整して発車している。車両の数が少なく、しかも時間調整で動きが停まっていると暇でしょうがない。
Shau Kei Wan Tram Terminal
窓際座席からの眺めをタイムラプス映像でどうぞ


時間にしてどれくらい居座っていただろうか。店員さんに声を掛けられる。
「3時からバースデーパーティーあるから席を空けてね!それまではゆっくりどうぞ。」
トラム目的なのがバレているようだ。普段からそういう人が来ると分かっているのだろう。照れ笑いにも笑顔で返してくれる。
Shau Kei Wan Tram Terminal
テーブルセッティングが始まったところで席を立つ。
Shau Kei Wan Tram Terminal
主役は小学生くらいの女の子でした。。

ターミナスでトラムを眺める。
Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal

Shau Kei Wan Tram Terminal
↓筲箕湾名物!?ブルメタのガヤルド
Shau Kei Wan Tram Terminal

つづく・・・

拍手[1回]

2018.04.01 (Sun) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR