忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8
12 13 14 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港旅行 2017年9月 -05「佐敦:盂蘭勝会」

油麻地停車場大廈を出てきたら、廟街の露天を眺めつつ佐敦道まで抜ける。
付近を歩いていたら、路地の奥に花牌の灯りが見えたので見学に向かう。
Hungry Ghost Festival
場所としては『九龍佐治五世紀念公園 (King George V Memorial Park)』
G.W.香港旅行 2017 - 12「青衣戲棚というお祭り」】を思い出し、「何かのイベントかな?」と奥へ入って行く。


最初に見えた、上海街の花牌
Hungry Ghost Festival
さらに路地を入っていくと会場。
Hungry Ghost Festival
何だか賑やかな雰囲気にワクワクしながら会場入り。

先に書いてしまうと、香港のお盆です。
日本のお盆は8月。
香港では旧暦7月。
そして7月13日から16日の4日間に行われる仏教行事が「盂蘭盆会 (Hungry Ghost Festival)」
詳しい説明は今回もこちらにおまかせ→香港ポスト「特集--香港の伝統行事盂蘭節を知る

まずは動画を撮りながら見て回る。


神功戲(広東オペラ)が行われていたりして。
Hungry Ghost Festival
暫く見学。
Hungry Ghost Festival

Hungry Ghost Festival
でも言葉がわからないから、台詞を理解できず、内容もわからない。
Hungry Ghost Festival
となると、自然と視線はこちらへ…
Hungry Ghost Festival
青衣戲棚ほどの迫力はないけど、やはり見入ってしまう。
Hungry Ghost Festival

Hungry Ghost Festival

Hungry Ghost Festival
ふと仏教行事の行われている櫓を見ると、撤収作業が始まっていた。
Hungry Ghost Festival
あらら、、、まだ写真撮ってないのに。
Hungry Ghost Festival
こちらも全部、竹!
Hungry Ghost Festival
一通り見て回ったものの、何の知識もない状態で見ても、何をやっているのかわからない。
Hungry Ghost Festival

Hungry Ghost Festival

Hungry Ghost Festival

Hungry Ghost Festival

Hungry Ghost Festival
そもそも、この様なものがあるという事自体知らなかった。たまたま目に入って見に行った。こうやってブログを書くにあたり、何なのかを調べる。すると少しは知識が付く。その知識を持って、再度見学してみたいなといつも思う。またこの時期に香港へ行くことがあれば、見に行ってみようと思う。
Hungry Ghost Festival

つづく・・・

拍手[1回]

2017.11.17 (Fri) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR