忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


#香港 04「紅磡站多層停車場から縮時攝影」

滞在二日目:9月23日
雲は多いけど香港式晴れ。
Mirador Rooftop
「美麗都大厦 (Mirador Mansion)」のルーフトップへ上がってみる。
Cat at Mirador Rooftop
子猫を発見。


屋上には野良猫が何匹も住み着いている(こんな場所に?)。
Cat at Mirador Rooftop
住人のおばちゃんが餌を上げているのをよく見かけるから、飼い猫になるのかな?でも近付いたら逃げるばかりで寄ってこない。
Cat at Mirador Rooftop

近場で朝食。
カップの絵を見ただけでどの店に入ったのか分かる人には分かる。すいかレストランこと「翠華餐廳 (Tsui Wah Restaurant)」
Tsui Wah Restaurant
出前一丁のモーニングセット

尖東駅からMTRに乗り込み一駅隣
East Tsim Sha Tsui Station
紅磡 (Hung Hom)へ
Cross-Harbour Tunnel
紅磡駅の立体駐車場 (MTR Hung Hom Station Multi-storey Car Park)に入って行く。
最上階から香港海底隧道 (Cross-Harbour Tunnel)の料金所を見下ろす。
Hung Hom
縮時攝影ことタイムラプス撮影を開始。

タイムラプス撮影するとすごい勢いで時間が過ぎて行く。
1時間、長くても1.5時間程と考えていたのに、気が付いたら昼を過ぎていて驚いた。買い物へ行く予定だったけど諦めた。
Hung Hom

NISSAN R33 SKYLINE GTS

Hung Hom

Hung Hom
駅の真上にある駐車場なので、駅へ入っていく列車も見下ろすことが出来る。
Hung Hom

Hung Hom

Hung Hom

紅磡駅に戻り東鉄線に乗り込む。
Mong Kok East Station
旺角東 (Mong Kok East)で下車。この駅はホームドアが設置されていない。駅の雰囲気も普段乗り慣れているMTR路線とは違う。
Mong Kok East Station
駅前からペデストリアンデッキを歩く。
あ!この光景は
Fa Yuen Street, Mong Kok
旺角が紹介される時によく目にする光景はこのデッキの上から撮影されたものだった。女人街へ行く度に「見下ろせる場所なんてないよね」と思っていたが。
デッキから通りの反対側を見下ろすとミニバスが集合中。
Mong Kok

露店通りを歩く。
Tung Choi Street, Mong Kok
最近は着替えを持って行かず、こういうTシャツを購入して着ている。LLサイズ購入しても、一回洗濯しただけでSサイズになってしまうというクオリティー。使い捨て出来る値段だから気にしないけど勿体ないなと思う。

適当な店で食事を済ませたら一度宿へ戻る。
Mong Kok
三脚をピックアップしたら夜へ向けてスタンバイ。山へ向かう。

つづく・・・

拍手[0回]

2017.02.04 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR