忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20
24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


#lifewelltravelled 香港04「ビッグバスツアー スタンレー線」

2日目:5月29日
朝5時過ぎに起床。しばらく窓から外を眺める。ホテルからの眺めは後日別エントリーでまとめて掲載する。なんせ、撮影枚数が一番多いのがホテルから撮った写真だから。
起きる気配の無い友人は放っておき一人でプールへ。暫くして部屋へ戻るとお目覚めの友人が一服中。「どこへ行きますかねえ」と言いつつテレビを見ていて動かない友人。その後も色々とね・・・無駄になっても良いから一人で来れば良かったと思ったよ。

遅い朝食と言うか、早い昼食というか、食事に飲茶へ向かう。
席に着くなり「ビール!」
エピソード省略!

尖沙咀からスターフェリーで中環へ渡る。
目に入ったオープントップバスに「これ乗りたい!」と友人が言うので、チケット売り場で説明を聞く。
『香港BIG BUS TOUR』 [ www.bigbustours.com/en/hong-kong/ ]
Big Bus Tour
・香港島を巡る赤ルート
・香港仔・赤柱等の香港島南側を巡る緑ルート
・九龍を巡る青ルート
の3コース。
各コース大人一人270HKDで24時間乗り降り自由。
バスから見て回るだけかと思っていたら、途中のスポットで自由に乗り降りが可能なようだ。私みたいな旅をする人間はこういうのに全く興味が沸かない。こういう機会がないと利用することもないだろう。色々考えるのが面倒になっていたので乗ることにした。


「香港島を巡る赤ルート」のチケットを購入。パンフレットにレシートのようなものをホッチキスでパチン!と。これがチケットになるらしい。
出発時間までの時間にコンビニへ行き、タバコとビールを買い込む友人。時間になり、バスへ乗り込むと同時に酒盛り始めた。私は相手にしない。
Big Bus Tour
中環から金鐘を抜けて湾仔へ
Big Bus Tour

Big Bus Tour
香港会議展覧中心から折り返してピークトラム乗り場へ
Big Bus Tour
ピークトラムの乗車運賃もツアー代金に含まれているので、利用希望の方はバスを降りたらスタッフに声を掛けてとのアナウンス。どうしようと思いつつそのまま乗車。
Big Bus Tour
ツアーは続く。
Big Bus Tour
跑馬地 (Happy Valley)が左に見えた時点で「あれ?」とは思ったけど
Big Bus Tour
トンネルを抜けると「海洋公園 (Ocean Park)」に到着。
このバスは香港仔・赤柱等の香港島南側を巡る緑ルートだね。乗るバスを間違ってる。
Big Bus Tour
 その後バスは「淺水灣 (Repulse Bay)」へ
The Repulse Bay

Repulse Bay
そして赤柱 (Stanley)まで行き引き返す。
Stanley
↓場所によっては道路脇から枝が張り出しているので大人しく座っていないと危険。
Stanley
次に到着したのは「香港仔 (Aberdeen)」
Aberdeen Typhoon Shelter
ココでバスを降りることにした。
つづく・・・

拍手[0回]

2017.01.13 (Fri) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR