忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 63「シエナ:マンジャの塔からの眺め」

シエナ歴史地区『カンポ広場 (Piazza del Campo)』
『マンジャの塔 (Torre del Mangia)』
Torre del Mangia
登り切るには体力を要す。
Torre del Mangia
塔の上からの眺めを掲載していく。


塔の展望部分は二段になっていて、こちらは下段展望所の様子。
Torre del Mangia

広角16mmでも全体は入らない。パノラマモードで撮ればよいのに、微妙に左右に振って撮る。
Torre del Mangia

Torre del Mangia
こんな感じになっているので真下の広場は体を乗り出さないと見えない。そんな恐ろしいことは出来ず、カメラのみを突き出して撮影した。
Torre del Mangia

中世の街並みの光景。すごいよね。
Torre del Mangia

Torre del Mangia

Torre del Mangia

Torre del Mangia

望遠に切り替える。
Torre del Mangia

Torre del Mangia

Torre del Mangia
↓街の奥に見えているのはトスカーナの丘陵地帯
Torre del Mangia
↓この先に憧れの「オルチャ渓谷 (Val d'Orcia)」があるのかと思いながら眺めてた。
Torre del Mangia
↓今回シエナは寄り道だけど、改めてスケジュールに余裕を持たせて戻ってこようかなと。
Torre del Mangia

Torre del Mangia

Torre del Mangia

Torre del Mangia

Torre del Mangia

Torre del Mangia
景色を眺めていて、何気に時計を確認すると17時前。ここでとんでもない勘違いをする。
何を思ったか手荷物預かり所の窓口が閉まると思い、焦って猛ダッシュで塔を駆け下りた。ロッカーからバックパックを取り出し、カメラを入れる・・・うぉーーーー!!レンズキャップを塔の上に忘れてきたぁ!!
とりあえず荷物を受け取りに走る。

塔の上からグラムシ広場まで約15分。2分前に手荷物預かり所へ滑り込みセーフ。窓口の19時までの表示を見て我に返る。19時とpm7と17時を混同しとるやないか!!
この際、荷物を受け取り、宿のチェックインへ向かおうかとも思った。しかし、そうすると大聖堂の見学時間が無くなる。荷物は受け取らず、レンズキャップを取りに塔へ戻る。事情を説明して、再入場で塔を上る。膝が笑ってた。
キャップは風に飛ばされること無く、誰かに拾われることもなく、そのまま残っていた。
Torre del Mangia
下りてきた後、エントランスの椅子に座り込んでたら、おばちゃん達に笑われるという。
Piazza del Campo
大聖堂の見学へ向かう。

つづく・・・

拍手[0回]

2016.10.30 (Sun) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR