忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20
24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 62「シエナ:カンポ広場」

シエーナ歴史地区『カンポ広場 (Piazza del Campo)』
Piazza del Campo
「世界一美しい広場」
色んな場所で見聞きするフレーズだ。だけど、私の感覚からするとピサのミラコリ広場ほうが美しいと思う。


市庁舎となる『プブリコ宮殿 (Palazzo Pubblico)』前を中心に、放射状の扇形をした広場。丘の上に出来た街なので、道はあちらこちら坂だらけ。広場もこの中心に向って傾斜がついている。
Piazza del Campo
この写真だとわかりやすいかな。
Piazza del Campo
広場を中心にバール、レストラン、お土産屋が取り囲んでいる。ゆっくり見学するような場所でもなく、少し休憩したら『マンジャの塔 (Torre del Mangia)』を登りに行く。
『プブリコ宮殿』へ入って行くとチケット売り場。
Palazzo Pubblico

Palazzo Pubblico
塔のみのチケットは10ユーロ。
購入したら「今の時間空きがあるから今すぐ上へ行って!」と。時間ごとに人数を区切っているのかな?
Torre del Mangia
狭い階段を登って行く。
Torre del Mangia
宮殿の最上階!?に出たら塔へのエントランス。ここで改札を抜けるようになっている。誰もいなかったのでチケットは出さずに中へ入ってしまった。
少しするとおばちゃんが出てきて「荷物はロッカーへ」との指示。「カメラくらいなら持って行って良い」ということだ。小さ目のハンドバッグ程度なら問題なかったのだろうが、私の場合はバックパック背負っていたので、置いて行けと言われたのだろう。このロッカー数に限りがあるから、人数制限!?
バックパックを置いていくとなると、持ち上がれるのはカメラ一つのみ。レンズはどうしよう?標準域か・・・広角を付けて、望遠を手に持って登った。

一度外へ出て塔の入口へ。
Torre del Mangia
↓広場を見渡す。
Torre del Mangia
↓塔を見上げる。
Torre del Mangia
↓塔の階段幅は人一人分。上から人が降りてきている音がしたら、踊場で待機しないと、どちらかが引き返すことになる。
Torre del Mangia
↓下から見上げると、ブロックを積み上げただけの塔。よく崩壊しないなと恐ろしくなる。
Torre del Mangia
↓地上高88m。結構きつい。写真を撮るふりして立ち止まり、後ろから来る人を先に行かせる。よって、いつもより登っている時の写真が多い。追い越していく人達もみんな息切れしている。
Torre del Mangia
休憩を沢山取りつつ、約10分程で頂上到着。
それを、色々とあって、3回登りましたからね。。。。
Torre del Mangia
塔から見下ろす「カンポ広場」
Torre del Mangia
塔からの眺めは・・・つづく。

拍手[0回]

2016.10.29 (Sat) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR