忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 35「ガララーテ」

友人の住むガッララーテ (Gallarate)へ戻ってきた。
Gallarate
ポルタ・ガリバルディ(Milano Porta Garibaldi)駅から40分くらいでしたか。ミラノの北西に位置し、マルペンサ空港の横辺りにある街です。
この街の事を日本語で検索してもこれといった情報は出てこない。オロビアンコ (Orobianco)の工場があるので、その関係の情報が出てくるくらい。イタリアが大好きで、何度もリピートしている人でさえ、旅行では訪れる事のない街ではなかろうか。時間を掛けて歩きまわったのではないので断言は出来ないけど、見るような場所は、無い。
駅から友人宅まで歩いて帰る途中に撮影した写真を貼り付けてみる。


駅前の道を、友人宅とは反対方向に向かう。真っ直ぐ友人宅へ向っても住宅しかないのだ。反対方向へ進めば、いわゆる旧市街なのか、教会などがあると地図で確認済み。
Gallarate
予定の電車に乗り遅れておきながら、帰宅後に夕食を出してもらうのに、前回は「何時に帰ってくるんですかー!」と電話を掛けられているのに、相変わらずこういう事をしてしまう私である。懲りない男。明るいから時間の感覚が狂うのだ(言い訳)。

路地の奥に壁画が見えた。気になるので入って行く。
Gallarate
何だかよくわからない、まとまりの無い絵だ。
Gallarate
路地を教会方面へ歩く。
Gallarate
広場に出ると
『サンタ・マリア・アッスンタ教会 (Basilica di Santa Maria Assunta)』
Basilica di Santa Maria Assunta
時間が10時半なのを気にしてはいけない。もっと突っ込むなら、地面が雨で濡れてたり乾いてたり。話の流れとして省略したが、友人に駅へ送ってもらった時、電車の時間まで少し案内してもらったのである。その時の写真が混ざっている。
で、朝見学した時に教会へ入ったら、ミサが行われていた。
Basilica di Santa Maria Assunta
友人はガララーテへ移ってどれ位経つのか、この教会には初めて入ったらしく「こんなに立派だとは知らなかった」と感心していた。
Basilica di Santa Maria Assunta
朝はこの教会を見学しただけで駅へ戻った。
Basilica di Santa Maria Assunta

夕方一人での再訪問時は、教会から駅とは反対方向へ向かった。
するともう一軒の教会『サン・ピエトロ教会 (Chiesa di San Pietro)』
Gallarate
残念ながら扉は開かなかった。
この広場に面してTIMのお店があった。次回からは真っ直ぐ・・・その頃にはもう日本に移ってるだろうけど。
路地を歩いて友人宅へ戻る。
Gallarate

ちょっと気になるマンション!?
Gallarate

地下立体駐車場
Gallarate

帰宅後に出して頂いた料理はウサギ肉。初めて食べました。鶏肉に近い感じ。写真も撮りましたけど個人宅で出して頂いた料理を載せるのは気が引ける。
食事をしながら聞いた話。一時期ウサギの肉と偽り猫の肉が売られていたことが有り、その関係でお店では顔付きのまま売られているのだとか。
偽装できるということは、猫の食感もこんな感じなのだろうかと思い始めた瞬間、複雑な気持ちになった。

つづく・・・

拍手[0回]

2016.09.07 (Wed) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR