忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


イタリア旅行 2015 -47「ブラーノ島の夜景」

ヴェネチア本島から北東部に位置する小さな島「ブラーノ島 (Isola di Burano)」
20時頃日が沈む。
Isola di Burano
このまま夜景撮影に突入したいところだが、ヨーロッパの夜は遅い。撮影が終わるのは何時になることやら。今夜は食事を用意してもらうことにしていたので、一度部屋へ戻りまだ撮影が終わらないことを告げる。夜景撮影することを朝食時に話していたものの、一般的に夜景は暗くなってからのもの。日没後に戻って来て食事をして、それから再度撮影へと思うのが普通だろう。ドアを開けるとテーブルの上は既にセットされ、後は私の帰りを待つだけの状態。非常に言い出しにくかった。みんなで食事をしながら世間話でもするはずだったのだろうけど。

「気にしないでえ~!」ということでしたので、トワイライトタイムの撮影を開始。
Burano Island at Night
島内に二泊三日滞在したにも関わらず、島の観光は殆どしておらず(何度も書くが天気のせい)。どの場所からどのような光景が見えるというのが頭に入っていなくて、とにかく家の並びが見渡せる場所で立ち止まりシャッターを切りながら走り回った。


Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

Burano Island at Night

この夜景は島内宿泊者だけの特権!?
ということではありません。ヴァポレットは夜遅くまで運行されていますので、夜景まで楽しんでヴェネチア本島へ戻ることも可能。ただ、日が沈んだ後の島内に観光客の姿は皆無です。

つづく・・・

拍手[1回]

2015.09.18 (Fri) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR