忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


広島・呉ドライブ 14「音戸大橋」

「灰ヶ峰」から降りてきて、市街地へ入ると雨が降りだしたのである。グヘッ。。。
予定していた通り「音戸の瀬戸公園」高烏台へ。翌朝、またやって来るので、ここでの掲載は省略。そしてそのまま音戸大橋を渡った先にある「日招き広場(正式名称:坪井コミュニティ広場)」へ。広場というように、パーキングになっていて、音戸の瀬戸が見渡せる。

音戸の瀬戸に架かる「第二音戸大橋」
Second Ondo Bridge
雨が降っていたのでコンデジでしか撮影していない。


このパーキング、道を挟み上り線側と下り線に整備されているのだが、車で反対側へは入れないようになっている。この広場が目的でやって来た場合、引き返せないのである。バイパスをかなり走った先の交差点まで行くとUターンが出来る。ちょっと不便。両側の広場は橋と同じデザインをした歩道橋(第三音戸大橋(正式名称:坪井広場横断歩道橋)が架かっているので、徒歩でなら移動可能。

22時を過ぎ、ライトアップ照明が消える。雨の止む気配はない。もう一箇所、山からの夜景鑑賞を予定していたものの、中止。

本日も宿に空きは出てこず。車中泊ということになるが、若さが無くなるに従い、バケットシートで眠るのがきつくなってきている。駅前にスーパー銭湯「大和温泉物語」 [ www.yamato-onsen.com ]を見つけ、休憩室で寝ようと向かう。
R32 at Parking
うむむ・・・R34ローレル。
R34 SKYLINE
館内へ入ると、同じく宿が確保できず、そして同じことを考えた人達で溢れかえっていた。受付で「料金を払って頂いても、休憩室には入れない」と言われ、入浴のみのコースにした。帰り際、休憩室を覗いてみたらカオスだった。意地でも寝ようとする人達が床の隙間を埋め尽くすように転がり眠っていた。

ということで「日招き広場」へ戻り、車中泊。

三日目の朝を迎える。
雨は止んでおらず。
改めて「第二音戸大橋」を眺めてみる。
Second Ondo Bridge
開通してまだ1年ということだが、将来的には片側2車線へと広がりそうな造り。
Second Ondo Bridge
右を向くとオリジナルの音戸大橋。
Ondo Bridge
朝も早くから、意外に観光客は多い。
Ondo Bridge
「音戸の瀬戸公園」へ移動する。
つづく・・・

拍手[0回]

2014.06.25 (Wed) | Comments(0) | ドライブ > 広島 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR