忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

03
05
S M T W T F S
4 5
10 11
17 18 19
26 29
30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


びっくり北京ツアー旅行 - part 8

■四日目:12月3日
帰国の日
5:00 起床
6:00 ホテル出発
北京の渋滞は厳しく、飛行機に間に合わないと大変な事になる(現地ガイド談)。ということで、こんな鬼スケジュール。

(画像クリックで拡大表示)
「朝食はバスの中で弁当を配布」と聞いていたが、ビニール袋にパン・ゆで卵・ミカン・ペットボトル(水)が裸のまま一緒に突っ込まれたものを渡される。これのどこが弁当なんだよ、と皆が思ったに違いない。


空港は朝から大渋滞。こんな時間からこれだけ渋滞しているとはビックリだった。

空港にて搭乗手続き。福岡の岡の字が・・・

凶暴な街のようだ(笑)表示されているのは乗ったのとは違う便のようです。

搭乗待機場所にいると朝日が登り始める。

仕事の日以外、早起きは苦にならないとはいえ、もう少しゆっくりしたいものだ。

到着時にも思ったけど、明るい時に改めて見ると余計にこの空港の大きさを実感出来る。とりあえず、全方角地平線まで空港。

ターミナルの移動は電車。


到着時と同じく、ターミナルからバスに乗って飛行機のところへ。タラップで機内へ。今回も席は窓側にしてもらいました。お連れさんも同じA列で前後に座ったけど、席の横に窓が無かったという。しばらくぶーたれてました(笑)

8時55分発 エアチャイナ CA953
離陸後に配られた機内食。パサパサしたパンにハム?が少し挟んである。味気ない・・・

来る時と同じく大連経由です。

大連空港で一度降りて出国手続き。約一時間後に同じ機材に乗り込む。

次に出た機内食。これも中国製だったのかな。美味しかったとは書けませんが、旅行中に食べたものの中では良いほうの味付けだった。

中国を離れるに従って海が青くなっていく。

日本時間14時10分 無事帰国

おわり・・・のようで、あと一話。
つづく、、、

拍手[1回]

2009.12.19 (Sat) | Comments(2) | トラベル > 北京 | Edit |

コメント

レスありがとうございます!

やっぱり、ツアーに拘束されてあんまり時間がないようですね。
夜は王府丁辺りに行こうかなと、軽く考えてたのですが
朝出発の早さを考えれば、止めといた方がいいですね。

この旅行記の内容を頭に入れて、できるだけ楽しむようにします。

2010. 02. 24 - 02:24 | しゃーな [編集]
Res:
そうですね。観光とか買い物はのんびりしてましたが、自由時間というのは殆どないですね。自分も王府井には行きたかったです。
楽しんできてください!
【 2010. 02. 24 - 21:47 】

初めまして!

北京旅行記、楽しく読ませてもらいました。

4月に多分これと同じツアーに参加する予定です。
確かに安いけど、やっぱりそれなりのからくりはある
みたいですね。

かなりハードスケジュールの旅程のように見受けられますが
夜など、街に繰り出す時間など残ってるでしょうか?

2010. 02. 22 - 01:02 | しゃーな [編集]
Res:
ハードスケジュールの様ですが、朝が早いくらいで観光とかはのんびりしてましたよ。

夜ですけど、ブログにも書いてますが、自分の参加したツアーはオプションで京劇と雑技団を見に行くようになっていました。見に行かなければ夕食後にそのままホテルへ戻ります。この場合、19時頃にはホテルへ戻って来てたと思います。
オプションの観劇をして戻ってきても21時前には戻って来ていたと思います。
繰り出そうと思えば可能じゃないですかね。ただ、中国では夜の街が何時頃まで楽しめるのか(一般的な閉店時間みたいなの)は、私はそこまで出て行かなかったのでわかりませんけどね。
【 2010. 02. 22 - 19:26 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR