忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


宝満山に登ってみた

最近モブログとの時間差が空き過ぎな気がします・・・

今から2週間前の10月12日体育の日、福岡の山好きなら登らない人はいないという、太宰府の宝満山(標高829.6m)を登ってきた。
私が山に登る理由。山頂からの眺望と夜景を堪能すること。他の山と同様、夜景鑑賞後の暗い山道で迷子にならないように、道を覚える意味で予備登山に行ってきた。下調べをすると、近所の低山とは違って登山ルートが何本もあるようだ。最初は一番無難な竈門神社からの正面登山道を登る事にした。ロケハン的に登ったので、途中での撮影は携帯電話でしかしていない。

昼から登る予定で家を出たのだが、途中で西郷川花園が目に入ってしまい、寄り道で撮影に夢中になってしまい・・・。モブログ【ひまわり】【こすもす
結局、登り始めたのが14時過ぎ。この時間で既に下山者だらけで登っている人は殆どいなかった。
なんというか・・・整備されすぎ!?ほぼ全線石段状態な登山道でした。分岐点があっても、とりあえず石で整備されている方に進めば迷う事は無い。
 
山頂に近付くにつれて岩場が多くなる。
2時間かからないくらいで山頂に出た。


階段を登り切ると竃門神社上宮が目に入った。何のご利益があるのかは知らないけど、ここでも景気回復を願っておく。今の自分にはこれしか願いは無い(苦笑)
 
三脚を立てて、山頂標識の横でセルフポートレート(記念写真と書け!(笑)
見晴らしの良さそうな岩場があるが、先客が居て登れない。
 
暫く待ち、先客が降りていったところで私も登ってみる。
視界は少し霞んでいました。しかもすぐに雲が流れてきて、夕陽すら見ることが出来なかった。

(画像クリックで拡大表示)

恒例の山頂からの眺望をYouTube動画でどうぞ
[宝満山からの眺望]

この日は三郡山のレーダードームまで縦走して引き返し、そのまま下山する予定だった。宝満山山頂で軽く撮影を済ませ、コーヒータイムを取って動き出そうとした時に時計を見たら既に17時前。諦めた。
とりあえずトイレを借りにキャンプ場へ移動。小屋のおじさんに「ライト持ってる?早く下りないと暗くなるぞ~。秋の空はナントナヤラ(聞き取れず(笑)」と言われた。


この岩場、左側に鎖が垂らしてあって、それを握って登った所が山頂だったりする。

道を覚えるための予備登山のつもりだったけど、これだけ整備されているのなら初めての夜道でも迷う事は無いだろう。撮影して下ろうかな~。でも簡易三脚しか持って来て無いからどうしようかな~。と、考えてたら暗くなってきた(笑)

ということで、結局夜景撮影を開始。
簡易三脚だから、足を延ばすとカメラ+レンズ約2kgを支えきれない。足を縮めた状態で岩場の上に乗せて、一方向のみ撮影した。他の方向はまた後日撮影しに登る事にした。そもそもこの日は撮影する気はなかったわけだから。
つづく、、、

拍手[0回]

2009.10.29 (Thu) | Comments(0) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR