忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


渡半島探検 07「東郷公園からの夜景」

夏休み特別企画(さいご)福津市の北西にある渡半島探検
第七弾「東郷公園からの夜景」

ちょっと休憩タイム

(画像クリックで拡大表示)
駐車場にあるトイレから出てきて手を洗い、顔を上げたら目の前の鏡に32が写っていた。ホレボレ(笑)


渡半島探検の締めはやはり夜景でしょう。
公園内にある日本海海戦記念碑に上り、玄界灘に落ちる夕陽を眺めた後に180度振り返って下を見下ろすと、手前に津屋崎、奥に福間市街から福岡市街の夜景まで見渡す事が出来ます。

私が「こよなく夜景を愛する人へ」へ夜景スポット「東郷公園」として投稿してから、タウン情報誌の穴場夜景スポットとして紹介されることが多くなりました。それまで雑誌などで紹介されているのを目にしたことなかっただけに、あのサイトの影響力の大きさを感じます。現在発売中の「福岡Walker」での特集、夕景&夜景LOVEドライブにもこの場所からの夜景が紹介されていました。

公園自体は過去に何度か載せているので省略します。
桜吹雪:大峰山自然公園
桜2008:大峰山自然公園
桜:東郷公園
おわり!


■「こよなく夜景を愛する人へ

拍手[1回]

2009.08.28 (Fri) | Comments(1) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

tomosangさん、おはようございます。今日は、早起きして新パソコンの設定をしていたところ、「富士山を制覇した」という一文を読み、コメントしています。実は、自分は26年前に富士山の山小屋で働いていました(アルバイト)。だから懐かしいです。山頂まで行かれたのなら、どこかで休憩をしたと思うのですが、どの山小屋でしたか?7合目の「日の出館」ならビンゴです。多分、その当時の写真がまだ残っていると思うのですが…。ああ、それと山小屋に水洗トイレはありましたか?実は、富士山の知り合いに頼まれて、水洗トイレを設置する費用を自分も少し出しています。ちょっとだけでも役に立てばと思ったのですが、自分は行く機会がないので…。

2009. 08. 29 - 06:20 | TETSU | URL [編集]
Res:
行ってきましたよ、富士山へ!
あんなに沢山の星をはっきりと眺めたのは初めてです。
五合目でいいので、もう一度行ってゆっくり星を眺めたいです。

休憩はですね、須走から登ったんですけど、全部の小屋(の前)で取りました。とはいっても、ご来光を眺めた8合目以外は、体が冷えないように数分でまた登り始めましたけどね。7合目は私がくたばり始めていた場所です(笑)トイレもありましたよ。お腹が張り始めていたので利用した記憶があります。TETSUさんが設置に協力してたんですね。だとしたら、TETSUさんは無料で使えるのでしょうか(笑)そろそろシーズンは終りますが、久しぶりに行ってみてください。
【 2009. 08. 29 - 22:35 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR