忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


新兵器 Action Level導入

カメラ屋で面白いものを発見して購入してみました。

Velbon「アクション レベル」 (link to メーカーページ/Amazon.co.jpで購入
定価約5700円、ヨドバシ価格3980円

簡単に書くとデジタル水準器。


カメラにつけて使うアクセサリーです。

ホットシューに取り付けることによってカメラの傾き具合をLEDの点灯位置で教えてくれます。
LEDは5発付いていて、中央の緑色LED点灯で水平

水平から傾くと、その方向へLEDが移動

軽い傾きの場合は緑と赤の間にある橙色LEDが点灯
080829_6.jpg
傾き具合の感度や、LEDの明るさは共に5段階に調整可能です。

水準器は液体封入タイプのものが三脚雲台に付いてますけど、夜景撮影時にはライトで照らしてあげないと見えません。しかしこれならばLEDの点灯位置で左右の傾きを示してくれるので暗い場所での撮影が楽になります。

お値段が少し高いように感じます。原価は凄く安いはず。なぜなら"made in Korea"。日本で販売しているベルボンは代理店という事になっています。あちらの国に行けばスゲー安い値段で売られていそうな気がしてなりません。Velbonはロゴのシールを本体に貼り付けて、日本語の説明書を封入しているだけ。
高いような気もしたけどポイント交換で安く手に入れました。

ボタン電池2個で使え、既に本体内に入っているにもかかわらず、予備電池が4個とストラップが付いています。これをなくせばあと500円は安く売る事が出来るのではないかと。
そんなことより、カメラ製造メーカーがこの水準器機能をカメラ本体に組み込んでくれると助かります。本体を見る限り、その大きさのほとんどがLEDと電池によるもの。センサー(?)そのものは凄く小さいのではないかと。仮にカメラ本体に組み込んでも場所を取る事は少なそうです。
一眼では手持ちでファインダーを覗いている時に水準器の確認なんて出来ませんから、ファインダー内に表示してくれると非常に助かる。デジカメなんかでは水平を補正してトリミングしてくれる機能のついた機種もありますけど、トリミングすると四辺がカットされてしまいます。撮影時に液晶モニターへ傾き具合を表示すればトリミングの必要もなく非常に便利。
特許取得か何かで組み込む事は不可能なんでしょうか。弁理士に相談すれば突破口はあると思いますけど。

デジカメのワイドで撮影すると歪曲に惑わされて水平が狂っている事が多いので、今後はコレに頼ろうかと。
ぎゃーーーーー!!!

うちのデジカメDMC-LX1にはホットシューがついていない。と買った後に気が付いた。これはホットシューの付いている後継機種DMC-LX3(link to メーカーページ)に買い換えろということか。車撮影をもこなすには、あれはズームが足らないというのが気になっている。

拍手[0回]

2008.08.29 (Fri) | Comments(0) | カメラ・写真 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR