忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

04
06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


フィルム派!?

私はフィルム派なんて書いたけど、発色がどうだとか画質がどうだとか、よくカメラ雑誌に書いてあるような理由をもって言ってるわけじゃないです。そんな比較が出来るようなデジカメを使ったこと無いですし(どう考えてもP1は比較対象外だ)。フィルムにしかない”間”がたまらないのです。撮ったその場で確認出来るのはある意味デジタルの魅力でしょうが、私にはそれが味気なく感じます。


デジタルならばとりあえず撮ってプレビューで確認。気に入らなければその絵を基準に設定を変えて撮影だとか可能ですし、最悪PCにて絵を変えてしまうことも出来る。
だがフィルムの場合(ネガでなくポジね!)シャッターを切った瞬間に絵が出来上がってしまうので、その場で状況と仕上がりを考えて無駄なく撮影しないといけない。ロクにありもしない経験値と知識をフル活用して設定する、その瞬間の自分をかっこよく感じるのだ(バカ?/笑)。

それから現像を待って返って来たフィルムをライトボックスに乗せて眺める瞬間、これがまたたまらない。メモリー突っ込んでモニターで眺めるなんて味気無過ぎます。またこの時初めて撮影した絵がどのようになってるのか目にする事が出来るのです。狙い通りか外してるか(外してる事が多い・・・/爆)失敗ならば何がいけなかったのか、当時の状況を考えながら推測する(私は撮影データ残さないから/笑)こういう一連のアナログ行為が楽しいのだ。私はマニアじゃなく単純に撮影を楽しんでいる人ですから。

年配の人に多いけど、写真の撮影がデジタルとわかった瞬間に「あぁ~」と評価を下げる人がいますが、あれは何故なんでしょうかね?

拍手[0回]

2005.03.11 (Fri) | Comments(0) | カメラ・写真 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR