忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30

最新記事

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード

« PRE / 2817 /2816 /2815 /2814 /2813 /2812 /2811 /2810 /2809 /2808 /2807 / NEXT »


香港旅行 2018.11. -13「香港理工大学でザハ建築の見学」

『香港歴史博物館』まで来たついで。
道を渡りすぐ隣『香港理工大学 (Poly U)』へ、久しぶりにザハ建築を眺めに行く。

"Jocky Club innovation Tower" designed by Zaha Hadid.
Jocky Club innovation Tower
先に書いた通り散歩なのでコンデジしか持って来ていません。
写真を撮りに来たのではなく、じっくり見学をしに来たのでもない。
香港カウントダウン 03「ジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー by ザハ・ハディド」
香港カウントダウン 04「ザハ建築イノベーション・タワー」
といった感じで、一度ゆっくり見学をしているので、久しぶりに軽く眺めるのが目的で寄っただけ。ところが拡張工事が行われていて以前とはまた違う状態に。拡張部分を主に、また長居することとなった。


大学敷地内へ入り奥へ進むと前に見えてくる。
Jocky Club innovation Tower
何度見ても物凄い存在感。
Jocky Club innovation Tower
以前は工事中だった土台部分。工事が終了して公園のようになっていた。
Jocky Club innovation Tower

Jocky Club innovation Tower

Jocky Club innovation Tower
裏へ回れるようになっていたので確認に向かう。
Jocky Club innovation Tower
裏から道を挟んた建物へとペデストリアンデッキで繋ぐ工事が行われていた。
Jocky Club innovation Tower

Jocky Club innovation Tower
拡張された土台にはスタバが入っていた。
Jocky Club innovation Tower

Jocky Club innovation Tower

流石にイノベーションタワー本体はそのままだろう。一応確認のために中へ入ってみる。
Jocky Club innovation Tower

Jocky Club innovation Tower

Jocky Club innovation Tower
そのままでした。
Jocky Club innovation Tower
香港はこの時期が卒業式シーズンなのか、到るところで記念撮影会が開かれておりましたとさ。
Jocky Club innovation Tower

つづく・・・

拍手[0回]

2019.01.13 (Sun) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR