忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
1 2 3 4 6
11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


G.W. 香港 2018 - 49「深水埗から長沙湾へ歩く」

リノベーション工事中の角丸アパートをチェックに向かい、そのまま長沙灣 (Cheung Sha Wan)方面へ歩いてみた。
Cheung Sha Wan
深水埗を抜けて長沙湾まで入るのは初めてだと思う(バスで抜けたことはある)。特に何か目的があったのではなく、ただ通り沿いの建物を眺めながら歩いただけである。


まずは定点観測の建物から。
Sham Shui Po

廃墟の頃から何度も足を運んでいる界限街(Boundary Street)の角丸アパート。リノベーション工事が進み、竹棚が外れたとの情報で確認に向かう。
Sham Shui Po
外壁が綺麗になりました。
しかしこのカラーリングは…あまり心ときめかない。
Sham Shui Po
あちこち剥がれていたモルタルも補修されている。
Sham Shui Po
随分長いこと工事しているようだけど、まだまだ時間かかりそうな感じ。

地図も見ず、感覚だけで長沙湾方面へ適当に歩く。
Sham Shui Po

Sham Shui Po

Sham Shui Po

Sham Shui Po

汗ばむ暑さ。
休憩でマクドナルド。
紫芋ソフトクリームに小さなOREO
Sham Shui Po

東京街 (Tonkin Street)に出ると見えるこのビルは魅力的ですな。
Sham Shui Po

Sham Shui Po
またの機会にゆっくり見学しよう。
Sham Shui Po

Cheung Sha Wan

Cheung Sha Wan
青山道 (Castle Peak Road)を歩く。
Cheung Sha Wan

角丸唐楼
Cheung Sha Wan

Cheung Sha Wan

Cheung Sha Wan

Cheung Sha Wan

Cheung Sha Wan

そろそろ荷物を引き上げる時間かなとMTRの駅へ向かう。
Cheung Sha Wan

Cheung Sha Wan

Cheung Sha Wan
長沙灣から尖沙咀へ
Cheung Sha Wan

荷物を受け取り今日からの宿へ移動。
といっても同じビル「美麗都大厦 (Mirador Mansion)」
しかも前の宿の受付があるのと同じフロア。
最近よく利用しているゲストハウス「JAS Guesthouse」
Jas Guest House
シングルで予約してもダブルルームなのが良いところ。
いつもと違う部屋でベッド横に大きな窓がある。次回からこの部屋が良いなあ。
Jas Guest House
一泊あたり2700円位だったかな。
Jas Guest House
荷物を置いたら今夜の夜景スポットへ向けて出発。
つづく・・・

拍手[0回]

2018.11.10 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR