忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
1 2 3 4 6
11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


G.W. 香港 2018 - 50「金督馳馬徑からの夜景」

香港夜景を眺めに北角 (North Point)「寶馬山(Braemar Hill)」へ向かう。
まだ一度もクリアに眺めたことがないので再々々々挑戦(回数あってる?)。
Sir Cecil's Ride at Blue Moment
再々々々挑戦なのでアクセス方法は省略。
で、展望ポイントの『紅香爐峰 (Hung Heung Lo Fung)』
Hung Heung Lo Fung
人の多さに驚いた。


天気の良い週末は沢山の人が集まるみたい。
Hung Heung Lo Fung
眺めるだけなら入り込めそうだけど三脚を設置できそうにない。
Hung Heung Lo Fung
ということで、以前も行った別の展望ポイントを目指す。
Hung Heung Lo Fung

『金督馳馬徑 (Sir Cecil's Ride)』
こちらも人が多くて、以前のポイントには立てない。既に日は沈んでいて焦る。結局山頂(?)まで登ってカメラをセット。
Sir Cecil's Ride at dusk
山頂は広場のようになっていてアンテナとか立っていたり。眺めるだけなら問題無し。撮影するには手前に木が被り残念。
Sir Cecil's Ride at dusk

低い位置まで雲が多く漂っている。しかし今までで一番クリアに眺めることが出来た。
Sir Cecil's Ride at Blue Moment

Sir Cecil's Ride at Blue Moment

Sir Cecil's Ride at Night

Sir Cecil's Ride at Blue Moment

Sir Cecil's Ride at Night

Sir Cecil's Ride at Night

Sir Cecil's Ride at Night

Sir Cecil's Ride at Night

Sir Cecil's Ride at Night

Sir Cecil's Ride at Night

シンフォニー・オブ・ライツ始まる。
Sir Cecil's Ride at Night
いつものことで、香港島側のビームは見えない。
Sir Cecil's Ride at Night
雲が低いのでビームが伸びが短い。
Sir Cecil's Ride at Night

風強く、パソコンでファイルを開いてかなりガッカリした。特に望遠は誤魔化しが効かない。大型三脚でしかり固定して撮らないとダメだね。
Sir Cecil's Ride at Night

Sir Cecil's Ride at Night

Sir Cecil's Ride at Night

4Kタイムラプス動画も撮ってみました。

露出やカラーバランスに大きな変化がなければオートでも良い感じに撮れます。でも私が撮りたいのは日没から夜景へと移り変わる様のタイムラプスなんだ。
つづく・・・

拍手[0回]

2018.11.11 (Sun) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR