忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

( 08.09 - 23:49 )
( 08.08 - 22:01 )
( 08.07 - 06:38 )

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード

« PRE / 2688 /2687 /2686 /2685 /2684 /2683 /2682 /2681 /2680 /2679 /2678 / NEXT »


香港カウントダウン 2017-23「観音山から眺める屯門の夜景」

『觀音山 (Kwun Yam Shan)』から屯門 (Tuen Mun)の夜景を眺める。
Tuen Mun at Night
「青山 (Castle Peak)」の背後に陽が沈むと盛大な夕焼け。
最後に奇跡が起きた!
Kwun Yam Shan at Dusk
今回は一箇所も山夜景を見ること無く帰るのかと。半分諦め気分で来ていただけに、この展開には男泣き。


全く泣いてないけど(笑)
周りに人が居なかったので、一人で興奮して叫んでいたのは事実。
Kwun Yam Shan at Dusk
ピークを超えて少し下った場所に展望の良い場所はある。地図を頼りにトレイルコースを歩いてるだけでは気が付かないような場所。あの状況でよく見つけ出せたなと自分でも驚く。今回は素材写真がないのでその辺の説明は再挑戦時に。
Kwun Yam Shan at Dusk
香港国際空港や大嶼島 (Lantau Island)までクリアに見渡せていて条件はかなり良くなってる。日中大気が霞んでいても、日没からクリアになることは過去にも何度か経験している。諦めずに挑戦してみるべきだなと改めて思った。
Kwun Yam Shan at Dusk
眺めは広角一枚では収まらず。パノラマ合成はせずに二枚貼る。
Kwun Yam Shan at Dusk

at Blue Moment
Kwun Yam Shan at Dusk

遠目に深圳
Kwun Yam Shan at Dusk

Kwun Yam Shan at Dusk

いつもの望遠圧縮
Kwun Yam Shan at Night

Kwun Yam Shan at Night

Kwun Yam Shan at Night

Kwun Yam Shan at Night
美しさと迫力を兼ね備えた香港夜景。これだから体力以上の無理をしてでも観に行くことを止められない。
Kwun Yam Shan at Night

この場所から眺める深圳は山裾に被っている。後ほど別のポイントから撮影したものを掲載する。
Kwun Yam Shan at Night

肉眼では真っ黒な青山。月明かりが強かったので試しにバルブ撮影してみたら浮き上がってきた。
Castle Peak at Night
いつか登ってやるぞ!
でも今回は登らなくて良かった。仮に青山へ登っていたら、この様な夕焼け背景の夜景は撮影出来ていなかった。


ちなみに、この時の写真が香港政府観光局 (Discover Hong Kong)により紹介されてたりしてる。


つづく・・・

拍手[3回]

2018.05.19 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR