忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8
12 13 14 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 2017-18「男子ごはんロケ地へ」

テレビ東京系列で放送されている「男子ごはん」 [ www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/ ]
2017年末の放送回が香港ロケによるものでした。
ということで!?紹介されていたお店で私も「一人男子ごはん」
油麻地 (Yau Ma Tei)へ。

廟街『興記菜館 (Hing Kee Restaurant)』
Hing Kee Restaurant
紹介されて知ったのではなく、暑い時期以外はいつも来ているお店。
勢力拡大中で既に5店舗。この近辺に固まっています。それでも席が足らないのか、遂に通りへテーブルを並べ始めたようだ。
ロケが行われた同じ席で…と思ったけど、開放感の有る通りに置かれたテーブルへ。
Hing Kee Restaurant
番組で国分太一が食べていたのと同じトッピングを頼んで「この日本人はあの番組見てきたな。」と思わす作戦。


何を食べていたか思い出せず…?
挽肉が載ってたような記憶があり、適当に頼んでみた。それだけでは物足りないような気がして追加トッピングを試みる。
この前いた英語の通じる兄ちゃんがいなくて、おばちゃんには広東語しか通じない。追加トッピングのオーダーが上手く伝わらない。あたふたしてたら隣の席にいた中国人の女の子が「日本語少しわかります!」と通訳してくれ恋しそうになったのである。

出てきた煲仔飯
Hing Kee Restaurant
追加のトッピングが乗ってない。
一瞬で恋は冷めた。

基本メニューに関しては日本語が併記されている。言葉わからなくても指差し注文が出来るのでご心配なく。

前にも書いたかもしれない。蠔餅を頼み、煲仔飯が出てくるまでビールのつまみにして待つのだ。今回は間違いにより作り直しということで、順番が逆になり、なんだこのやろ~!な気分でした。
Hing Kee Restaurant
店舗内より外で食べるほうが雰囲気良い。
Hing Kee Restaurant
番組を見て来たかのような日本人が居るかなと思っていたけど、日本人自体を見かけなかった。それほど影響力のある番組では無かったのか…?
Hing Kee Restaurant

油麻地へ来たらこちらのチェックも忘れずに。
『油麻地果欄 (Yau Ma Tei Fruit Market)』
Yau Ma Tei Fruit Market

Yau Ma Tei Fruit Market

Watch LIVE! on Periscope.



Yau Ma Tei Fruit Market

Yau Ma Tei Fruit Market
火災現場は相変わらず手付かずのままでした。
Yau Ma Tei Fruit Market

つづく・・・

拍手[2回]

2018.04.21 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR