忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

02
04
S M T W T F S
1 2
6 7 8
16 18
19 20 21
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 15「サンテティエンヌ・デュ・モン教会」

『パンテオン』の脇側に向かうと背後に教会が見えた。扉も開いているようなので見学に向かう。
『サンテティエンヌ・デュ・モン教会 (Saint-Étienne-du-Mont)』
Saint-Étienne-du-Mont
夜景撮影のスタンバイに向け一度ホテルへ戻るつもり。来た道を戻るのが手っ取り早いが、それでは面白くないし、新たな発見もないだろう。それで脇道を歩いていたら目の前に現れたのがこの教会。


中へ入っての第一印象としては、明るい教会だなと。
Saint-Étienne-du-Mont
内陣と身廊を仕切る「ジュベ (jubé)」の残る教会。
Saint-Étienne-du-Mont
と言っても、見学している時はジュベなんて言葉も知らず「面白い造りの教会だ」と見学していた。
いつもブログを書くにあたってスペリングを調べるのに検索をする。そして他のブログなどに目を通す。そこで知らなかった知識が増え、そんなものがあったの?と、また見学に行きたくなるのだ。
この「ジュベ」もそうやって知った。一時期は多くの教会に存在したが、パリでは唯一この教会のみにしか現存していないそうだ。
知識を得た上で思い返すと、昨年ミラノで見学した【イタリア旅行 2015 -104「ミラノ:サン・マウリツィオ教会」】の隔壁も「ジュベ」だったのかな?
興味のある方はご自身でお調べくださいな。
Saint-Étienne-du-Mont

扉が開いていたので内陣側も見学できました。
Saint-Étienne-du-Mont
ステンドグラスも見応えある美しいもの。
Saint-Étienne-du-Mont

Saint-Étienne-du-Mont

Saint-Étienne-du-Mont

Saint-Étienne-du-Mont

Saint-Étienne-du-Mont

Saint-Étienne-du-Mont

Saint-Étienne-du-Mont
外へ出たら、脇道を下ってホテルヘ向かう。
Saint-Étienne-du-Mont

その道中、柵の中へカメラを突っ込んで写真を撮っている人。何だろうと覗き込んでみると
『サン・エフレム教会 (Eglise Saint-Ephrem)』
Church of Saint-Ephrem
調べてみたけど何なのかわからない。
Saint-Étienne-du-Mont
途中でスーパーに立ち寄りホテルへ戻る。
Paris

つづく・・・

拍手[0回]

2016.07.31 (Sun) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR