忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 14「パンテオン」

『サンセヴラン教会 (Église Saint-Séverin)』からサンジャック通りを南下して向かったのは
『パンテオン (Pantheon Paris)』
Pantheon Paris
前回も見学に来ましたけど、勘違いで『ソルボンヌ大学』を眺めて帰ったという。今回は間違いなく『パンテオン』です。


すぐ真横がパリ大学で、学生達が沢山屯していました。友人が通っていますが特に連絡も取らず、会うこともなくという。。。。
Pantheon Paris
見た目はローマのパンテオンにも似ています。でもあちらのパンテオンを初めて見た時のような感情が湧き上がることはなかった。
比較的新しい建物に見える。それでも18世紀の建物。
その大きさに「おお~!」くらいは思いましたけど。
Pantheon Paris
正面階段で振り返って通りを眺めると、遠くにエッフェル塔が見えていた。
Pantheon Paris
セキュリティーチェックを受けて中へ入る。
チケットは8.5ユーロ。
Pantheon Paris
それほど感動的な場所ではなかった、というのが正直な感想かな。

ホール中央!?ではドーム天井からワイヤーで吊るされた鉄球が揺れていた。
Pantheon Paris
調べてみると「フーコーの振り子」というものらしい。見学している時は全く知らず「なんだこれは?」と思いながら眺めてた。
Pantheon Paris

Pantheon Paris

Pantheon Paris

Pantheon Paris

Pantheon Paris

人の出入りする扉が気になり、中を覗いてみると螺旋階段で地下へ降りれるようだ。
Pantheon Paris
気になるので降りていく。
Pantheon Paris
the Crypta
地下墓地だった。
Pantheon Paris
秘密基地というか、地下シェルターというか、通路が面白い。
Pantheon Paris

Pantheon Paris
みんなお目当ての墓碑を見て回っているのに、私一人だけ明らかに見てるものが違う。
Pantheon Paris
偉人の墓などもあるのでしょうが全く見てない。
Pantheon Paris

Pantheon Paris

Pantheon Paris

Pantheon Paris
地下通路の見学をして外へ出る。
Pantheon Paris
出口には売店が有りパリグッズの販売中。
Pantheon Paris

Pantheon Paris
外へ出て天井を見上げる。
Pantheon Paris
こういう装飾の美しさに惹かれる。ヨーロッパでは下を向いている暇がない。
Pantheon Paris

つづく・・・

拍手[0回]

2016.07.30 (Sat) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR