忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 02「重慶大厦:シンズ・ゲストハウス」

香港エクスプレス UO1601の香港到着時刻は15時30分。
入国、SIMカードを入手してアクティベート、二階建バスで尖沙咀(チムシャーツイ)へ。バスを降りる頃には日は沈んでます。UOを使うと一日目は移動だけで夜になってしまうのが勿体ないところ。

まずは宿へチェックイン。今回も重慶大厦(チョンキンマンション)に入るゲストハウス。最初こそ不安でしたけど、慣れてしまえばホテルなんて金の無駄にしか感じなくなります。
Chungking Mansions
いつものように「ゲストハウス。ゲストハウス。」言いながら纏わり付いてくる客引きの男ども。予約入れてるよと言いながらエレベーターホールを目指す。


今回予約を入れたのはDブロック7階
『シティーゲストハウス (City Guest House)』
シングルルーム5泊6日:HK$ 3,057
請求はレート15.8円で48,379円
高いね。高いよ。ゲストハウスだってのに、安いホテルみたいじゃないか。これでもリストを安い順に並べて上位にあった中から選んだもの。年末だったのと、出発直前の予約だったからしょうがないよね。

エレベーターを降りて入口へ行くと「レセプションはParis Guesthouse」と貼紙。チェックインを済ませて実際に案内されたのは『Singhs Guest House(星家客棧)』の部屋。
Singhs Guest House - Chungking Mansions
これももう慣れたな。フラットごとに名前が違うだけで同一経営者の宿。これら3つの宿は全て同じフロアの隣同士だから気にならないさ。
Singhs Guest House - Chungking Mansions
部屋は、とりあえず狭い。ゲストハウスは狭いのだ。スーツケースはベッドの上に乗せないと開けない。それでも、寝る・荷物置き・充電、これができればそれで良い。
Singhs Guest House - Chungking Mansions

バスルームは便器の上にシャワー。シャワー浴びると便器が水浸し。これもゲストハウスなら普通だね。この宿の難点としては、給湯器のスイッチが廊下にあること。スイッチを入れ忘れた親父がタオル一枚巻いて廊下に出てきてるのに何度遭遇したことか。他の部屋は各部屋ごとに給湯器スイッチがあるのに、私の部屋は隣の部屋と同じスイッチだ。つまり二部屋で給湯器を共有になっている。隣の部屋でシャワー使われていると、自分の部屋の湯の出が悪くなる。またなぜか、隣と自分のシャワーを浴びるタイミングが同じで・・・
Singhs Guest House - Chungking Mansions

ベッド下にはセーフティーボックス。ドライヤーまであるのは洗濯物が早く乾かせて助かる。
Singhs Guest House - Chungking Mansions

とりあえずシングルルームなのに「窓がある」それだけで満足だ。
Singhs Guest House - Chungking Mansions
部屋を出た目の前の廊下に冷蔵庫と電子レンジがあったのも便利良かった。他に電気ポットや体重計も廊下に有り、スーツケース重量を測るのに使えた。

荷物を置いて落ち着いた後は食事へ。
旺角(モンコック)の女人街(ノイヤンガイ)を物色して、適当に目についた店に入って食事。腹一杯になったところで歩いて尖沙咀まで戻る。
部屋へ戻る前にいつものセブイレブンで色々と買い込む。いつも同じ店を利用するから、店員の顔すらも覚えてるという。
Singhs Guest House - Chungking Mansions
buenoの新作を発見!

翌朝、重慶大厦を散歩。
Chungking Mansions

Chungking Mansions

Chungking Mansions

Chungking Mansions

Chungking Mansions

Chungking Mansions
香港は今回で何度目になるのでしょう。もうどこで何するなんて計画は立てない。思いつきで行動開始。
つづく・・・

拍手[0回]

2016.03.27 (Sun) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR