忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


イタリア旅行 2015 -86「ピサ:B&B カテリーナ」

ミラコリ広場でライトアップ撮影を終えたら食事に向かう。
宿の入る建物付近まで戻ってくるとレストランやピッツェリアが何軒かある。どこに入ろうかなと物色しつつ、入ったのはコンビニのようなお店。ヴェネツィアやフィレンツェを巡った後なので、値段の安さに驚く。ヴェネツィアでは缶ビールが安くても3ユーロだったのが、ここでは瓶ビールが1ユーロを切っている。値札の位置が間違っているのではないかと、よく確認したが"BIRRA"と書いてあるから間違いない。思わず2本手に取り、ツマミと翌日の朝食を購入してレジへ。支払いにカードを出したら「これくらい現金で買ってくれよ!」と言われましたとさ。
ビールをぶら下げてレストランへは入りにくいので、ピッツェリアでピッツァを宿へ持ち帰ることにした。
店頭に張り出されているメニュー表を見ながら、二軒並ぶお店のどちらにしようかなと悩む。値段がヴェネツィアに比べて桁一つ下。それは少し大袈裟だけど、それくらい安い。見比べながらしばらく悩んでいると、背後にいたおばちゃんに「そっちは中国人の店よ!」と言われる。ということでイタリア人のお店へ入る。
「Pizzeria da Moise'」
Pizzeria da Moise'
ピッツァと牛肉ステーキを持ち帰りでオーダー。
アルコールは扱っていないようなのでビールを買っておいてよかった。ピッツァを受け取り支払い。おじさんにお金を渡すが、テレビのサッカーに釘付けでお金を手に持ったまま動かず。テレビが見えないように邪魔してやるが変化なし。すると外から先程のおばちゃん「なにやってん!」と言いながら入ってきた。う!この店の人だったか。
ビール代を入れても10ユーロ行かないとは安上がりな街だ。何度もリピートしている人達はこういう街を拠点に観光するのだろうなあと。
宿へ戻る。


ピサでの宿は「B&B カテリーナ (B&B Caterina)」
駅前の道を直進してロータリーへ出たら左手にある建物の6階に入ってる。スーツケースを引いて、徒歩5分程。
シングルルーム 共用バスルーム1泊:35ユーロ
カード会社からの請求は、レート136.7で4,992円
B&B Caterina Pisa
宿にスタッフはいない。到着時刻を伝えると、その時間に待機していて、手続きを済ませると消える。
部屋へ入ると窓は無くて、広くもなく香港のゲストハウスのようだ。
奥に扉があるがバスルームだろう・・・ん?共用バスルームのはずだ。
B&B Caterina Pisa
開けてみると窓のあるシングルルームがもう一部屋。
B&B Caterina Pisa
窓を開けたところで通りに面した部屋ではないので眺めるものはない。
B&B Caterina Pisa
奥の部屋から見た手前側の部屋。
B&B Caterina Pisa
バスルームは部屋を出てすぐ左手に。
B&B Caterina Pisa
不潔感はない。誰も使用した形跡がないけど、今夜の宿泊客は私一人なのだろうか。
B&B Caterina Pisa
共用スペースにはキッチン。扉を開けると鍋ヤカンなど調理器具が入っているけど使われた形跡全く無し。
B&B Caterina Pisa
部屋でピッツァを頬張りながらビルを飲んでいたら、外で扉の開け閉めする音がしていたから、私以外にも宿泊客はいるのだろう。

夜中に足が痒くて目が覚める。蟻に噛まれていた。なんてことだともう一つのベッドへ移動して朝を迎える。
ピッツァの箱に蟻の大群があ!!!!これが私の足に流れてきたのか。まいったね。

旅程12日目:5月5日
青空背景でミラコリ広場の撮影をして次の街へ移動しようかなと思ったけど、窓から外を見ると白い空。もういいや!荷物をまとめて移動する。
Stazione Pisa centrale
ピサ中央駅 (Pisa Centrale)にて、次の乗換駅までのチケットを購入。列車の到着を待つ。
Stazione Pisa centrale

つづく・・・

拍手[0回]

2015.12.14 (Mon) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR