忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

04
06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


イタリア旅行 2015 -36「ムラーノ島へ」

ブラーノ島 (Isola di Burano)にて宿泊先の主と合流。部屋へ案内され、しばし話し込む。

通常なら早速ブラーノ観光と行きたいところだけど、すっきりしない空模様。この場所は快晴でないと、写真としては物足りないものになるような気がする。明日の天気予報は晴れ。ということで、今日はまずムラーノ島 (Isola di Murano)を見に行き、さらにヴェネチア本島まで戻り、見残しスポットの見学ということに。

12番のヴァポレットに乗り込みムラーノ島へ渡る。
Isola di Murano
ヴェネチアではヴェネチアングラスなる工芸品が有名。そのガラス製品が作られているのがこの島。日本人アーチストが一名いて、ギャラリーがあるらしいので見学をしてみようかなと。


ムラーノ・ファロ (Murano Faro)で下船。
Isola di Murano
目の前の道沿いにもガラス工房が有り、少し見学をさせてもらいましたけど、写真はありません。
Isola di Murano
その道を抜けると運河に突き当たる。観光客としては、この運河沿いがメイン通りになるのかなと。ガラス製品の店が沢山並んでいます。

Isola di Murano
突き当たった場所を右に曲がり、運河沿いを歩くと、今度は大きな運河に突き当たる。
Isola di Murano
橋を渡って対岸へ。右折して運河沿いを歩く。
途中でお昼でも食べようかと、ブラーノ宿の主に教えてもらったリーズナブルで美味しいというオステリアを探す。観光客の姿は殆ど見かけない路地に入り込んだ場所だというのに、お客さんが多かったので、とりあえず先に観光をする。
Isola di Murano
雲が多くて、同じ日に撮影したとは思えない写りの違い。ムラーノ島はこの後再訪問の予定は無いので、撮影するのに光待ちなんてして、時間がもったいなかった。
Isola di Murano
運河沿いに歩いて辿り着いたのはムラーノのドゥオーモことサンティ・マリア・エ・ドナート教会 (Basilica di Santa Maria e Donato)
Isola di Murano

橋の上からの眺め。
Isola di Murano

小学生?の遠足集団と共に橋を渡る。
Basilica di Santa Maria e Donato
ファサード側に回り込む。
お子様集団はこの広場で休憩開始。下がって入れ込んで撮影しようかなと思ったけど、フレームアウトさせた。
Basilica di Santa Maria e Donato

つづく・・・

拍手[0回]

2015.08.22 (Sat) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR