忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20
24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


イタリア旅行 2015 -07「ヴェネツィア:ミネルヴァ & ネットゥーノ」

水の都ヴェネツィア到着。
Venezia : Santa Lucia
まずはホテルへチェックインに向かう。
石畳のヨーロッパでスーツケースを転がすのは大変なので、駅近くカンナレージョ地区に予約を入れています。


スーツケースといえば、
"騒音解消と歴史的な路地の石畳製路面などへの損傷防止を狙いに、キャスター付きのスーツケースの使用を5月から禁止。違反者には最大で500ユーロ(約7万3000円)の罰金を科す" [ CNN.co.jp ]
なんてニュース流れていましたが、"規制案対象のものは、一般の旅行客の方の荷物ではありません。"とヴェネツィア市が回答しているのでご心配なく。[イタリア政府観光局「ヴェネツィア、タイヤ付荷物について」]

「ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅 (Venezia Santa Lucia) 」
Venezia : Santa Lucia
表へ出て通りを左へ。
スーツケースをゴロゴロ引いて約10分。途中何度も立ち止まっている。荷物が無く、立ち止まらなかったら駅から2分もかからない。
Venezia : Rio Terà Lista di Spagna

お店の沢山並ぶ駅前通り沿いのホテル
「ミネルヴァ & ネットゥーノ ( Hotel Minerva & Nettuno )」
Venezia : Hotel Minerva & Nettuno
シングルルーム(室外共用バスルーム)3泊:216ユーロ
カード会社からの請求は、レート135.1で29,186円

ヴェネツィア島内のホテルは全体的に相場が高い。島を出てすぐの場所、メストレ地区であれば、お手頃価格のホテルもある。夜歩きも楽しむ自分には、島内泊しか選択はない。
寝るだけならとドミトリーも考えた。ほぼ留守にしているので、その間の荷物が心配なので却下。着ているものを洗濯して裸で寝れないからというのも理由に有る。
ドミトリーを省くと、次に安いのがバス・トイレ共用シングルルームになる。それでも一泊に万近い料金設定。
旅好きの間で最近話題のAirbnb [ www.airbnb.jp ] も考え、かなり調べたが個人間の取引であるのでやはり不便だ。
奮発して部屋からリアルト橋が見えるホテルに予約を入れようかと。眺めが良くても、チェックイン後に窓を開けて「ほほー」と言うくらいで、その後部屋から眺めを楽しみ寛ぐなんてことしたことがない。食事も無く、夜7時間程度だけの為に万。寝る時間以外は部屋にいない自分には無駄でしかないと思い却下。
最終的にバス・トイレ共用シングルルームに決める。検索後にリストを値段順に並べる。初めての場所で土地勘もないので、やはり駅近くに宿を取るのが無難。ということで選んだのがこちらでした。
行程組に数週かかったのもあるけど、ホテルの予約まで、日程が決まってから一ヶ月以上かかった。

チェックインを済ませ、鍵を受け取ると受付の人の案内で建物を出る。
・・・え?
部屋は向かいの建物の中のようだ。別館というやつかな。
Venezia : Hotel Minerva & Nettuno
これが面倒でね。本館?には受付があるので入口は24時間開いている。別館はいないので出入口の扉がオートロック。その鍵を開けるのに、毎回受付の人を呼んで開けてもらわなくてはならない。出かける時に部屋の鍵を預けるので、帰って来た時に鍵を受け取り開けてもらえば良いだけの話だが。鍵を預ける程でもないちょっとお出かけな時でも鍵を開けてもらわないといけない面倒くささ。電話していて「ちょっと待って」のまま長時間待たされたり、夜中は寝ていて起きてくれなかったり・・・めんどうだった。

お部屋は日本で言う3階。
Venezia : Hotel Minerva & Nettuno
共用バス・トイレとの位置関係。すぐ隣。他に2部屋有るようだが、人気を感じなかったので裸のまま出入りしてた。
シャワーのお湯が出てくるまでかなり時間がかかる。裸のまま突っ立って待つのである。
Venezia : Hotel Minerva & Nettuno
部屋に洗面台だけは設置されていたのであまり不便は感じず。
Venezia : Hotel Minerva & Nettuno

ヴェネツィアといえば蚊。部屋の備品に蚊取りマット。夜は涼しいというか、寒いくらいだったので、窓を開ける必要がなく出番無し。
Venezia : Hotel Minerva & Nettuno

窓からの眺め。別に・・・
Venezia : Hotel Minerva & Nettuno

4階へ上がり、廊下の窓から駅前通り方面の眺め。ピンクの建物がこのホテルの本館。
Venezia : Hotel Minerva & Nettuno
荷物を置いたら早速観光に出かける。

Venezia : Ponte degli Scalzi

つづく・・・

拍手[0回]

2015.07.03 (Fri) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR