忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


イタリア旅行 2015 -03香港「中環海濱摩天輪」

キャセイパシフィックにて福岡からミラノへ。香港でトランジット。
CX5381の香港国際空港到着が19時10分
乗り継ぎのCX233出発時刻が翌1時00分
約6時間、空港で過ごすのも暇なので街へ出ます。

行きたい場所があるので、今回は時間の節約でエアポートエクスプレスを利用して香港島まで行く。キャッシュを持っているし、オクトパスカードの残金も十分。真っ直ぐ乗り場へ向かう。
Hong Kong International Airport
運賃は片道HK$100、往復HK$180ですが、トランジットなどで日帰り往復乗車するなら、帰りの運賃は無料です。オクトパスカードを使い乗車すれば、自動処理してくれます。


香港駅に到着して地上に出ると、目的のものが見えた。
Hong Kong Central
日が暮れて暑さは和らいでいるが、ジトッとくる。
Hong Kong Central
前回イルミネーションの点いていなかったHSBC(香港上海銀行)がパワーアップしている。もしかして、点けていなかったのは工事していたから?壁面全体にLEDが仕込まれ色んな図柄が表示されていた。
Hong Kong Observation Wheel

Hong Kong Observation Wheel

Hong Kong Observation Wheel
トランジットの時間を利用して乗りに来たのがこれ。

The Hong Kong Observation Wheel(香港摩天輪)[ www.hkow.hk. ]
Hong Kong Observation Wheel
前回来た時にはまだテスト中だった中環の観覧車。2014年11月下旬(だったか)に営業を開始。3年間の期間限定運行とのことです。
チケットが大人一人HK$100と少しお高め。
Hong Kong Observation Wheel
チケット代はクレジットカード払いで、請求は1,570円来てます。
Hong Kong Observation Wheel
乗る事自体は気にしませんが、やはり順番待ちしている時に少し恥ずかしさを感じる。カップルだらけの列に一人のおっさん・・・
Hong Kong Observation Wheel
日本のように動きながらの乗り降りではなく、その都度ゴンドラを止めて乗客を入れ替える。不思議なのが、客が行列を作っていてもゴンドラ台数の1/3くらいにしか客を乗せていないこと。
Hong Kong Observation Wheel
ゴンドラへはグループごとに乗り込むのではなく、並んでいた順番に定員数ごとの相乗り。カップルと野郎という組み合わせでもお構いなし。余所者を混ぜたくない場合は、料金の高い貸し切りチケットなんてのもあるみたい。
Hong Kong Observation Wheel
私のコンドラはカップル一組+野郎二人組+おっさんの5人で出発。ゴンドラ内はエアコンが効いていて、free Wi-Fiも使用可能になっている。
Hong Kong Observation Wheel
普通に外を撮影するには映り込みが多い。カップルは二人の世界に入っているし、野郎二人組も写真を撮るのが目的のような感じだったので、同乗者の目を気にすること忍者レフを使用して撮影。
Hong Kong Observation Wheel
チケットは高いですが、その代わり?1周で終わりじゃありません。
最初は乗り込んだ時の席から写真を撮り、ある程度撮影をすると、反対の席から撮りたくなる。野郎二人組はもちろん、カップルもそんな様子だ。私が立ち上がり、野郎二人組の間から撮影を開始すると、自然と席替えが始まった。撮っては移動、撮っては移動・・・
Hong Kong Observation Wheel
2周目くらいまでは、そんな感じでみんなワイワイ言っている。3周目からはトーンダウンし、4周目はシーンとしているゴンドラ。カップルの女性が一言「これ何周するの?」
Hong Kong Observation Wheel
結局4周して下車。
Hong Kong Observation Wheel
尖沙咀から観覧車の有る中環を撮影しようと、スターフェリーで渡る。
Hong Kong Observation Wheel

Hong Kong Observation Wheel
プロムナードに出たら、ビル群のイルミネーションが消えていた・・・
Hong Kong Observation Wheel
空港へ戻ります。
つづく・・・

拍手[1回]

2015.06.24 (Wed) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR