忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


イタリア旅行 2015 -05「ドコモSIMフリー機にTIMのSIM」

昔は海外でネット接続する場合、ホテルのWi-Fiか街中のFree Wi-Fiを探して接続していました。その後スマートフォンを持つようになり、外を出歩く時いつでも使えるようにと日本でモバイルルーターをレンタルして出掛けるようになりました。3,4日、長くて1週間程度までならレンタルルーターでも構いませんが、それ以上の長期滞在となると費用(ヨーロッパだと約1,000円/日)が嵩み負担になります。今回から現地のプリペイドSIMを使うことにしました。

今年の5月からSIMロック解除が義務化されましたが、私の使用しているスマフォはそれ以前に入手したものです。ドコモは手数料(3,000円)こそ取られますが、それ以前からsimロック解除に対応した機種がいくつか用意されていました。機種変更時に対応機種を選び、ロック解除も行っているので、私のスマフォはSIMフリー機となっています。ということで、事前準備は必要なし。

日本を発つ前、マルペンサ空港内で働いている友人に、空港のどこかに窓口があるのかを聞きましたが、「無かったと思う」と返されましたので、空港ではSIMカードが手に入らないようです。
ミラノ中央駅へ移動後に窓口を探す。
ヨーロッパでは0階というのかGround floorというのか、日本で言う1階にTIMが入っていました。
[Italy 2015] TIM
ちなみに、もう一社Vodafoneが列車ホームのある場所で見かけました。プランの下調べまでは行っていないので、先に見かけたTIMへ入る。


機械音痴というか、理解力が無いというか、店員の説明を理解できず、いつまでも悩んでいる日本の隣からやって来た人達のせいで、かなぁーーーーり待たされる。前に並んでいたおばちゃんと二人で不機嫌モード。手続きや接続に手こずることを考慮して、少し時間に余裕を持たせて列車の予約を入れていたので、焦ることはなく。
[Italy 2015] TIM
自分の番。
「SIMカードちょうだい!」
場所柄、店員さんは英語ができるし、ツーリストの対応にも慣れている。幾つかプランはあるようで、一覧の書かれた用紙が置いてある。それの説明をすること無く紙を裏返し
" 2GB + 通話xx min = 25€ " と書きなぐり「これでどうだい?」と。
普段日本で一ヶ月の通信量が3GB前後なのを考えると、2週間だし2GBで十分でしょう。足らなくなったら増やせるらしいし。通話に関しては何分と書いていたかよく覚えていない。
モバイルルーターのレンタルだと万の出費で通話は出来ない事を考えると、かなりお得。

パスポートのコピーを取られ、SIMカードの登録が終わったら、店員さんがスマフォにSIMカード入れ認識されているかの確認をして、トータル15分程で手続きの完了。
[Italy 2015] TIM Card
掲載はしませんが、カードの裏に"PIN", "PUK", "N.TEL"と書かれてバーコードと数字がプリントされています。"PIN"と"PUK"がSIMカードのロック解除用コードで、"N.TEL"がこのカードを使用している時の電話番号になります。

手続きが終わり、カウンター横に逸れてスマホに触っていると、店員さんが「動いてるかい?」と寄ってきて覗き込み、手に取り何やら設定を始めた。どうやらネット接続するのにAPNの設定が必要みたいだ。メニュー画面を開き「ぉぉ、日本語かよ。」とか、ぶつぶつ言いながら設定してくれ、「はいよ!」と手渡して来た時には普通に使えるようになっていた。


今回初めて現地SIMを使用してみて気が付いたこと。
・メリット
- 日本にいる時と同じようにネットと通話が出来る。なんてのは書く必要も無いくらい当たり前過ぎか。

- やはりルーターのレンタルに比べ出費が少なくて済むことが一番大きい。


・デメリット
- キャリアメールが使えない。
ドコモメールを開こうとしたら、「IDが無効。ログインしてくれ。」と表示される。入力してもログインできない。事前準備の時にメール受信していた列車のeチケットや予約のバウチャーを、全部ドコモメールへ転送し、添付ファルとして持って来ていました。列車へ乗る前に便の確認をしようとしたら、ドコモメールが起動できず。当然ファイルの確認もできず。かなり焦った。一度ドコモSIMへ戻し、TIMのお店へ戻りFreeWi-Fi接続でドコモメールを起動させ、ファイルのみスマフォ本体に保存した。こうなると知っていれば最初から本体に保存してた。
関連して、ドコモIDに紐付けされたアプリからログインが無効とのアラートが頻繁に表示されて鬱陶しかった。
帰国後、ドコモショップに相談へ行ったが「他所のSIM使った時のことなど知らんわぁー」と冷たい対応でした。

- 電話番号が変わる
ホテル等の予約時に入力した電話番号はドコモSIMのもの。連絡を取ろうにも繋がらず音信不通だったと思う。


準備は整った。最初の街へ向けて出発です。
つづく・・・

拍手[0回]

2015.06.28 (Sun) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR