忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港旅行2014 - 20「西九龍海浜長廊からの夜景」

環球貿易廣場(International Commercial Centre:ICC)から出てきたら、九龍から香港島へ渡る海底トンネル入口の上に整備された公園、西九龍海浜長廊 (West Kowloon Waterfront Promenade)へ。

海底トンネルへ向かう道を横切る歩道橋を渡り入って行く。夜だったのでよく見えませんでしたけど、大きな広場で海岸線に沿って遊歩道が整備されていました。
West Kowloon Waterfront Promenade
遊歩道を歩いていると、途中のフェンスがぶち破られ外に出られるようになっていた。見に行ってみると、消波ブロックの上へ出ていけ、釣りをしている人が数名。ちょっと探検してみよう。


大きな岩を積み上げた消波堤。釣り人の後ろを通過して奥まで進む。大分進んだところで、岩陰の窪みに抱き合う若いカップル発見。私の事に気が付いていないようだ。う~ん・・・・お嬢さんの腰の動きが・・・・・合体中!でした。
引き返したくないしもっと奥から撮影したいので、「あー、ごめんよ」と通過。
West Kowloon Waterfront Promenade
これ以上は行けないなと思う場所まで出たがカップルからあまり離れていない・・・
容赦なく三脚をセットして撮影開始!
お嬢さんがヒステリーを起こして叫び出した。何言っているか分からない。英語でよろしく。
West Kowloon Waterfront Promenade
ここまで来て撮影もせずに引き返せませんって。
West Kowloon Waterfront Promenade

公園内へ戻り遊歩道を歩く。遊歩道に沿って照明が設置されている。
West Kowloon Waterfront Promenade
観光客のような人は全く見かけない。地元の人達がランニングしてるくらいで、静かな公園。
West Kowloon Waterfront Promenade

West Kowloon Waterfront Promenade

West Kowloon Waterfront Promenade
南側まで下ってくると展望デッキのようなものが設置されていて、地元の若者達が夜景を眺めていた。
West Kowloon Waterfront Promenade

West Kowloon Waterfront Promenade

West Kowloon Waterfront Promenade

West Kowloon Waterfront Promenade
ICCから歩いて移動するにも遠くない。また、入口横にはバス停もありました。
尖沙咀海濱長廊(チムサーチョイプロムナード)に比べて人も少なく、静かな場所でオススメです。岩陰のカップルだけにはご注意を。
つづく・・・

拍手[0回]

2015.02.11 (Wed) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR