忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


高森殿の杉

噴煙の落ち着いてきた所で、阿蘇山を南へ降りる。
Mianmiaso
南阿蘇にあるお寺の住職に会うのが目的だったが、連絡付かず。
ということで高森町『高森殿の杉』 [Google Map]へ。
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
最近メディアでパワースポットとして取り上げられだしたのもあり、ちょいと有名になりつつある。


南阿蘇から国道325号を高森町方面へ走り、月廻り温泉方面へと向かう国道265号との交差点を通過。その次の信号を通り越すと、左手へ入る狭い路地がある。一応小さな誘導標識が出ているので少しスピードを落として走ればよいだろう。後は誘導標識を頼りに少し走れば入口に到着だ。
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
ここからは徒歩で向かう。一応牧場なので消毒を。門は鎖が巻かれているけど、鍵は架かっていない。自分で開けて入っていこう。
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
坂を少し歩くと舗装が終わり、その左手が入口。
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
うむ!
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
結構な迫力。
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
杉の木には、何やら石碑が立て掛けられている。が、読めない。
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
名前の由来が書いてあった。
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
比較対象物が写っていないので、スケール感が伝わらない。
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
普段、山で見かける杉の木はまっすぐ伸びている。あれは人の手が加わってのもの。放置するとこの様に枝が延びるのですか?
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
雨が降り出したので退散。
外から眺めた『高森殿の杉』
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
杉のある場所から眺める高森町
Takamoriden no Sugi (cedar tree of Takamori palace)
パワースポットと言われるのが分からなくもない場所だった。だが、私はこの言葉が嫌いだ。

拍手[0回]

2014.12.04 (Thu) | Comments(0) | ドライブ > 熊本・阿蘇 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR