忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


福岡城さくらまつり 2014 夜桜ライトアップ

「さくらまつり」[ saku-hana.jp ] 開催期間中に、夕方から行われた夜桜のライトアップ。
まずは天守台から眺める。
Sakura Festival 2014 at Night
桜だけではなく、天守台の石垣もライトアップしているので、天守台から撮影しようとすると照明がレンズに悪さする。
Sakura Festival 2014 at Night
天守台を降り、公園内のライトアップされた夜桜を見て回る。


まつり期間中以外でも、夜間に天守台へ登ることは出来ます。ですが、普段は照明が無いので、夜景を撮影しても石垣の存在があまりはっきりしない。この期間限定の眺めかな。
Sakura Festival 2014 at Night

Sakura Festival 2014 at Night
桜園から祈念櫓の横を通って梅園へ下る階段から、桜越しに福岡タワーが見えている。多くの人が立ち止って撮影しているポイント。福岡タワーのイルミも桜になっている。
Sakura Festival 2014 at Night

鴻臚館跡広場まで出てくると、B級グルメ等の露店が沢山。その中に、自分が仕事で携わった車を発見したり。丁度お腹が空いてきたことだし、と思ったものの、大行列なのと高いので通過。
Sakura Festival 2014 at Night

上之橋まで出てくる。
Sakura Festival 2014 at Night
舞鶴公園への入口に当たる。通りに面しているのでとても人が多い。
Sakura Festival 2014 at Night

Sakura Festival 2014 at Night

Sakura Festival 2014 at Night
カラフルなライトアップが行われている。
Sakura Festival 2014 at Night
青系の照明を当てている時間が多かったけど、赤系に切り替わるのを待ってからの撮影。
Sakura Festival 2014 at Night

Sakura Festival 2014 at Night
この日、無風につきお堀の水面へのリフレクションが綺麗に写っている。
Sakura Festival 2014 at Night

Sakura Festival 2014 at Night

下之橋・潮見櫓
Sakura Festival 2014 at Night

Sakura Festival 2014 at Night

敷地内を抜け駐車場へ向かう途中に枝垂れ桜。
Sakura Festival 2014 at Night

途中でライトアップ時間が終了。街が明るいので照明が消えても、また違った夜桜撮影が出来ます。
Sakura Festival 2014 at Night
良い花見でした。

拍手[5回]

2014.04.11 (Fri) | Comments(0) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR