忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

03
05
S M T W T F S
4 5
10 11
17 18 19
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


ドイツ自動車博物館巡り 03「フランクフルト・ホステル」

ドイツ旅行一日目8月13日。
時刻は既に19時を過ぎているが、まだ日は沈んでおらず、それどころか夕陽といった感じでもない。感覚的に日本での17時位に感じる。移動だけで一日が終わるかと思っていたけど、意外にまだ動けそう。まずは宿へチェックイン。

駅前の道を渡り、少し進んだ所で所在地を確認していたら、GPSの示す位置がホテルの上。入口の前で場所を確認していたという。それくらいに駅前の立地。

Frankfurt Hostel / フランクフルト・ホステル】 [ www.frankfurt-hostel.com ]
シングルルーム(消費税7%込):€ 42.90
カード会社からの請求は、レート132.6で5,690円
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel
入口の扉に鍵が掛かっていて入り方が分からず。ドアをガタガタ鳴らしていたら中にいた人が開けてくれた。レセプションは3階。ヨーロッパなので日本で言う4階。スーツケースもあるしエレベーターで。


ホステルの利用は初めて。談話室・食堂・バー・レセプションが全て一緒になった大部屋。ギター持ち込んで歌っている人とかいる。そんな場所でのチェックイン。
その部屋から外を見ると駅からの近さがよくわかる。
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel
カードキーのデポジット料を払い部屋へ。
部屋は最上階。エレベーターで上がりフロア入口にまた扉。鍵が掛かっていて開け方が分からず。後から来た人が開け方を教えてくれた。そして部屋の鍵の開け方でまたしばらく格闘する。

期待していなかった部屋は意外にも広かった。
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel

トイレの蓋がタンクに当たって全開にならないという。つまり立ちション不可。座って背中で蓋を押さえながら使用するしかないという。
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel

ヒーターはあるけど空調は無し。夏とはいえ、窓を開けておけば十分涼しい。
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel

窓からの眺め。フランクフルト中央駅の上にある像が見えている。
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel

夜間、談話室はバーにもなり少々騒がしい。だが自分の部屋に入れば全く気にならない静かさ。
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel

飛んで翌朝。
早々と朝食を食べに行ったらメニューの少ないこと。パン、シリアル、ドリンクしかない。
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel
こんなもんかと朝食を済ます。が!単に準備が整っていないだけだった。チェックアウト時に見たらメニューが増えていて損した気分になった。
Frankfurt Hostel Frankfurt Hostel

シャワーを浴びてサッパリした所で行動を開始します。

つづく・・・

拍手[0回]

2013.08.31 (Sat) | Comments(0) | トラベル > ドイツ | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR