忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


天草ドライブ 08「崎津天主堂」

『十万山公園展望台』から次に向かうのは崎津集落。「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産として世界遺産暫定リストに入るエリア。
ゴシック様式の教会が建っているということで、見てみたいなと思い寄り道。
Sakitsu Catholic Church
観光協会(?)により集落内に駐車場が用意されていますが、二箇所で全10台も停められないのではないでしょうか。しかもスペース的にきついです。暫定リスト入り後くらいから観光客が増え始めたみたいで、常に満車状態でした。車は集落入ってすぐの漁港か、駐車場を通り抜けた先にある漁港に停めて歩いて行くことになります。路駐が出来るほど広い場所ではありません。私は傷を入れられるのが心配だったので、空いていたけど停めませんでした。
Sakitsu
夕方頃に到着し、そのまま一泊して、次の日の昼頃まで、結局丸一日滞在したことになる。非常に美しい場所でした。


『崎津天主堂』
Sakitsu Sakitsu Catholic Church
ゴシック様式の綺麗な教会。
Sakitsu Catholic Church Sakitsu Catholic Church
何に驚いたって、畳敷きだったこと。
Sakitsu Catholic Church Sakitsu Catholic Church
内部は撮影禁止となっているので、外観の写真しかない。
Sakitsu Catholic Church Sakitsu Catholic Church
塀越しのファサード写真、最近とある雑誌で似たようなカットを見つけてしまい、まるで真似したかのようだ。ボツにしようかと思ったけど・・・
Sakitsu Catholic Church Sakitsu Catholic Church
ミサが終わって出てくるおばちゃん達が、カトリックというより、お寺から出てきそうな感じの方達ばかりで、不思議な感じ。
Sakitsu Catholic Church Sakitsu Catholic Church
夜間ライトアップの情報が有り、だから夕方から夜の時間帯にこの場所へ来るスケジュールを組んでいたのに・・・
Sakitsu Catholic Church Sakitsu Catholic Church
ライトアップされる気配は無い。そもそもその様な照明設備が周囲に無い。情報源自体「・・・そうです。」と伝聞系で、本人が確認した情報ではない感じ。よく調べずに信じた自分が馬鹿だった。
街灯の光が当たっているので、写真ならば建物を浮かび上がらせることができます。
Sakitsu Catholic Church Sakitsu Catholic Church
8月3日崎津漁港広場で行われる「教会のみえる崎津みなとのフェスティバル」では、教会のライトアップが行われるようです。私は仕事が入っているので行けません。
つづく・・・

拍手[2回]

2013.07.19 (Fri) | Comments(0) | ドライブ > 熊本・阿蘇 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR