忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 46「パリのマジックアワー」

ホテルを飛び出したものの、どこへ行こう~?
とりあえずホテルへ向かっている時に見えていた金色のドームが気になっていたので、それが何かを確認しに行くことにした。

徒歩5分ほどで到着。これなんだ?ホテルで貰った地図を広げて確認すると
Musee de l'Armee / アンバリッド廃兵院

(諸事情により一部カップルの行為にボカシ入れてます)
なんかよくわからん。ナポレオンの墓があるらしい。金色のドームに惹かれてやって来ただけ。確認出来ただけで十分満足。
16時前だというのに、空が黄色く焼け始めていたので建物も実際より黄色く写っている。

さて次はどこに行こう。パリという街にあまり興味が無かっただけに、何があるのかと・・・


とりあえず川の方に向かって歩き始めた。アンバリッドをぐるりと回って反対側に出た。こちら側が表になるのかな?

正面から道が延びていてセーヌ川にかかる橋。
Pont Alexandre III / アレクサンドル三世橋

やけに豪華な装飾が施された橋だった。

ここである青年に声をかけられる。ナポレオンの何かを見に行きたいらしく、場所わかりますか?と聞かれたが、わからん!もしかしたらアンバリッドの事だったのかもしれないが、この時あの建物が何だったかなんて全く知らなかった。
「なんていう場所?」と聞き返したら、「よくわかんないんだけど」と言いながらポケットからグチャグチャになったメモ用紙を出して何か調べ出す。殴り書きだったので俺には何が書かれているのか読めない。メモ用紙に書かれているのは行きたい場所のリストらしい。
ガイド本や地図を持たずにパリに来たらしい。どこから来たのかまでは聞いてないが、普通に訛りの無い英語を話していた。「迷子になってしまって」と照れられても、地図すら持たない君が悪い。
ホテルに置いてある地図を3部持ち出ていたので、一部を渡し現在地だけ教えてお別れした。

橋を通って川を渡っているとブライダル写真を撮影しているカップル。日本人の様だったけど実際はどうだかわからない。プロカメラマンの横で勝手に撮影する俺。
 
もう少し時間が経ってから撮影したものの方が、空が真っ黄色で綺麗に撮れているけど、二人の顔がバッチリ写っているのでブログには掲載出来ない。
 
徐々に空が黄色く染まって行く。色彩がワザとらしい、ホワイトバランス調整で作った色のようですけど、実際の光景の方がもっと黄色かった。

橋を渡った先には
Grand Palais / グラン・パレ

眺めてたら“ブ~ン!”
Ford GTだ!

日没も近いようだし、川沿いの並木道を通ってエッフェル塔へ向かう。
 
アレクサンドル三世橋にいた時点で凄かった夕焼けがさらに激しく金色になる。

エッフェル塔前まで来た時には赤くなり始めていた。

シャイヨ宮からなら光を反射するエッフェル塔が撮影できそうだなと思ったけど、間に合わなかった。

つづく・・・

拍手[0回]

2011.02.03 (Thu) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR