忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

08
10
S M T W T F S
4 5 6 7
11 15 16
17 18 19 20
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


2010年富士登山:03「富士山」

静岡滞在二日目:8月13日
予定では6時から登山開始としていた。5時過ぎに起床、朝日を拝みに部屋を出る。見えるとは思っていなかったが、富士山の方角を確認すると・・・・ぉお!もしやあの影は!!!静岡市葵区から富士山が見えていた。

(画像クリックで拡大表示)
カメラを取りに部屋へ戻り、マンション屋上へよじ登って撮影。朝陽は大した事無かったがこれで気分高揚。

見えるなら登れるだろうと、朝食を済ませ6時頃富士山目指して出発(この辺のいい加減さは去年と変わらず)。
富士、御殿場、須走と空はスッキリせず、小雨ぱらついたりしていたので「今日は無理かも」と言いながら高速を走り続ける。その後、トンネルを抜けて富士吉田市に出た途端、別世界へ出たかの様に晴れ上がった。ふと横を見ると「富士山丸見え!」

生まれて初めてその全姿を生で拝ませていただき大興奮。
「写真撮りたいから車とめてよ~!」と言いたかったけど、高速道路なので走行中の窓から撮影。
この姿を見て“行ける!”ということで、吉田口から登る事に決定。


目の前に富士山を眺めながら富士スバルラインを走っていると、突然メロディーが流れ出した。

路面に施された小細工だった。

マイカー規制ということで車を乗り捨て、バスに乗り5合目を目指す。

往復1700円。高いのか安いのか・・・

須走口とは違う五合目の賑わいっぷりに驚きつつ、体を慣らすために暫く休憩。往復12時間かかるとして、明るいうちに下山するにはあまりゆっくり出来ないなと言いながら、私はお土産の買い物、友人はビールを片手に焼きそば。
結局予定から3時間遅れの9時過ぎ登山開始。

ここから6合目まで、友人以外から日本語を一言も聞かなかった。なんなんだ、あの中国人の多さは。

前回の荷物の重さに付いて散々文句を言われていたので、今回は一眼レフを持って行きませんでした。おかげで体が軽くて、30分で6合目到着。

ノンストップで行くつもりだったのに、友人から休憩要請が。ビールを飲んだのが効いたらしい。私に対するハンデのつもりだったらしいが、たかだか30分で疲労が出るとは。その後も頻繁に休憩要請が出る。前回の私と立場逆転だな(笑)

ガスっていたので景色は何も見えず、黙々と登り続けるのみ。
前回の様に道中の様子を書こうにも、特筆すべきことは何もない。ただひたすら登っただけ。

14時30分、山頂到着。

吉田口ルートの感想: 整備されすぎていて、ジグザグ単調山道が続く影響か、須走口よりきつく感じた。

今回カメラを持って登らなかった代わりに、カップ麺・珈琲・ガスコンロ・水2Lをザックに入れて登りました。
 
格別な美味さでした。(懲りずにビールを飲もうとする友人・・・)

今回富士登山の目的は山頂でのラーメン・コーヒー。そして前回悪天候により出来なかったお鉢巡りと剣ヶ峰の制覇です。八合目くらいまではガスってましたが、山頂は晴れ!
暫くまったりした後はお鉢巡りの開始です。
つづく・・・

拍手[0回]

2010.08.29 (Sun) | Comments(0) | トラベル > 静岡・富士山 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR