忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

03
05
S M T W T F S
4 5
10 11
17 18 19
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


湯布院の雲海

阿蘇の雲海に続きまして、湯布院の雲海です。湯布院の場合、雲海より朝霧と表現される事の方が多いような気がします。上から眺めると雲海ですが、街中に下りていくと霧ですから、どちらの表現も間違ってはいない。でも阿蘇の場合は朝霧なんて表現は滅多に聞きませんね。まあどうでもいいことですが(笑)

時は10月27日。
大分へ行く用事が入り、天気を確認すると朝霧の予感。ということで、夜中に家を出て高速道路を途中下車。狭霧台で朝を待つ。この日は残念ながら何も出なかった。
大分へ向かい用事を済ませ、温泉に浸かって福岡への帰途につく。なぜか高速に乗らず、九州横断道路を通ってまた湯布院へ。到着が23時頃だったか、既に霧が出始めていた。

(画像クリックで拡大表示)
このまま帰るのは勿体無い。ということで狭霧台で車中泊。
暫くして目が覚めると、湯布院盆地に雲海が発生していました。

阿蘇の雲海は高確率で発生してくれていますが、湯布院は初めてです。


阿蘇の雲海は足元から出てたりして、飛び込みたくなる様な感じですが、湯布院のはかなり距離があります。

こういう時って、どこからかウニョウニョとカメラマンが沸いてくるから不思議です(笑)

「蛇越展望所から撮影する方が背後に由布岳が入るからいいよ」と情報をもらったけど、移動する時間はございません。

陽が昇るにしたがって紅葉の由布岳が色付いていく。

もう少し陽が昇るまで粘りたかったけど、休日ではないから福岡へ戻る時間というものがあります。この辺で諦めて高速道路へ向かいました。

話は戻って朝霧が出なかった日。そのまま目的地に向かうにしては時間が早すぎる。ということで由布岳登山口をうろついてみた。

私もいつか登ってみたいです。


順番がバラバラだけど、最後に湯布院ICから、朝霧の向こうに見える由布岳。

湯布院は良い所なんですけど、メディアが持ち上げすぎで、結果としてなんでもかんでも金を取り過ぎるのが欠点ですね。

拍手[0回]

2009.12.01 (Tue) | Comments(1) | ドライブ > 大分・別府 | Edit |

コメント

ツイッターからきました
狭霧台でこんな雲海見れるなんて知りませんでした
この場所は星が綺麗に見えるので、年に何回か行ってます

2010. 01. 10 - 11:58 | ぱきら [編集]
Res:
「ぱきら」さん。どこかでお名前を見かけたことがあるような・・・?
雲海は湯布院・阿蘇・高千穂あたりが有名ですね。
この狭霧台より、蛇越峠のほうがアングル的に良いらしいですけど。
星はここも良いですが、九重あたりだともっとクッキリ見えますよ~!
【 2010. 01. 10 - 14:04 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR