忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港旅行 2017年3月-09「雷生春のライトアップ」

大分落ち着いてきたものの、相変わらず雨の香港。いつもなら夜景撮影に向けてスタンバイに向かう頃。高台に上っても眺めは期待できない。ということで、何かライトアップもしくはイルミネーションを撮影しようと考える。

現在地は深水埗 (Sham Shui Po)。
Boundary Street
すぐに思い付いた。ただし、現在地から近いので今すぐ移動しても待機時間が長い。付近を歩き回ってから向かうことにした。


目的も無く歩いていると、路地の壁画が目に入る。
Wall Art
HKWALLS [ hkwalls.org ] というアートプロジェクトにより、シャムだけでなく香港各地にウォールアートが施されています。プロジェクトとは関係のないウォールアートや、単なる落書きも存在しますけど。
↓大南街 (Tai Nan Street) のこのビルなんかはかなり有名ですかね。
Tai Nan Street
程よい時間になり目的地へ向かう。

『雷生春 (Lui Seng Chun)』
Lui Seng Chun
夜間ライトアップされるはずだ。車道を走る車の軌跡と組み合わせて撮ろうかなと。

一般的には歩道から撮影する。アーケードになっていて雨が降っていても立っていられる。この時間になり雨はやんだ。そこで、違うポイントを探す。
以前、この場を見下ろすように撮影した写真を見たことが有る。近くに入って行ける建物があるのかと周囲を探す。
基本的にビルの入口には鍵の掛かった柵が設置されている。あるビルのみ、その柵が開いていた。入口にお店(?)なのか営業時間の看板が出ていたので、恐らく建物内の部屋で何かの商売をやっていて、お客さんの出入りの為に開けてあるのだろう。試しに入って行く。
Post Box
中に扉を閉める時間が書いてあったので、営業時間中なら入っても良いのだろう、という勝手な解釈。
階段を上り続けると屋上まで行けた。屋上の手摺手前にはステップが置いてあり、外側の庇へ出やすくなっている。屋上からでも眺められるけど手前側が庇と被る。手摺を乗り越え眺めてみる。
Lui Seng Chun
この場所で間違いないだろう。
今夜はここで、とスタンバイしていたらウォールアート見つける。
Wall Art

程よく暗くなり始めた頃、再度雨降り出す・・・
諦めてアーケード内の歩道からの撮影に切り替える。
そしてライト点かない・・・
Lui Seng Chun
空の残照が無くなりかけたとこで諦めて移動。
Boundary Street
そしてスーパーでお買い物をして出てきたら、点いてる!
Lui Seng Chun
もう少し早く点灯させてほしいなあ。
Lui Seng Chun
交通量多く、バスがすぐに視界を遮ってくれたりして、なかなか思い通りに取れない歯痒さがある。
Lui Seng Chun
また雨はやんだので、ビルの上に行こうかなと思いつつ、、、
Lui Seng Chun
次の場所へ移動した。
つづく・・・

拍手[1回]

2017.05.26 (Fri) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR