忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


イタリア旅行 2015 -88「船で巡るチンクエ・テッレ」

駅から歩いてラ・スペツィア (La Spezia)港へ。
船でチンクエ・テッレ (Cinque Terre)を巡ります。
Biglietteria Consorzio Marittimo Turistico 5 Terre
チケットを購入して列に並ぶ。
Biglietteria Consorzio Marittimo Turistico 5 Terre
どんなに余裕を持ったスケジュールを組んでいても、結局は時間一杯ガツガツ動いてしまうのがいつもの私の旅。船上では流れる光景を眺めるしか出来ず。潮風を浴びながらのんびりと、一番幸せを感じていた時かもしれない。
それまでリゾート地で寛ぐというのを全く理解できなかった自分。この時初めてそういう時間の使い方も有りかなと感じた。


今回私が乗船したのはGolfo dei Poeti 5 Terre [ www.navigazionegolfodeipoeti.it ]
ラ・スペツィアからチンクのモンテロッソを往復している便。観光船になるのか、水上バスになるのか、位置づけはよくわからない。とりあえず乗客は全員観光客。
チケットはリオマッジョーレ・マナローラまでが14ユーロで、ヴェルナッツァ・モンテロッソまでが18ユーロ。ポルトヴェネーレまでの場合はもと安いチケットがあるのかな?書いてないのでわからない。一日券なんてのもあり、平日と休日で値段が違う。下の画像を参考に。
Biglietteria Consorzio Marittimo Turistico 5 Terre
今年の時刻表
Biglietteria Consorzio Marittimo Turistico 5 Terre
オフシーズンは運行していない。来年になれば改正されるかもしれない。時刻表はリンク先のサイトで手に入るので最新のものを確認しておいたほうが良い。
[SCHEDULE AND RATES]を選ぶ。
[Departure]で乗船場所を選ぶ。
[Destination]で下船場所を選ぶ。
[TIMETABLES AND PRICES]をクリックするとpdfフィルがDL出来ます。

乗船開始です。
Golfo dei Poeti 5 Terre
眺めの良いアッパーデッキへ。当然右側から埋まる。
Golfo dei Poeti 5 Terre
私はバックパックを左側の席に置いて、中央通路に立つ。
Golfo dei Poeti 5 Terre
出航
Golfo dei Poeti 5 Terre

Golfo dei Poeti 5 Terre
この辺もリゾート地なんでしょうなあ。港にはヨットが沢山。山の斜面に建つ家は別荘でしょうなあ。
Golfo dei Poeti 5 Terre
イタリア海軍の基地もあったりして軍艦が停まっている。
Golfo dei Poeti 5 Terre
この辺に住んでる人とお友達になりたいわ。
Golfo dei Poeti 5 Terre
そんな事を考えながら眺めていたら、最初の集落が見えてきた。

『ポルトヴェーネレ (Portovenere)』
Portvenere
ここへは電車が通っておらず、バスかこの船を利用して来るしか無い。
Golfo dei Poeti 5 Terre
スケジュールを組んでいる時点で、ここへ寄る時間は無さそうだなと感じていたが、案の定行くことは出来なかった。
Portvenere
船から眺められただけでも満足です。
Portvenere
乗客の乗り降りが終わるとすぐに出発。
Chiesa di San Pietro
『サン・ピエトロ教会 (Chiesa di San Pietro)』
Chiesa di San Pietro
こういう岩礁の上に建ててしまうのは凄いと思うし、こういう光景に凄く惹かれる。。
Chiesa di San Pietro
暫く絶壁岩礁を眺めながらの航海。
Golfo dei Poeti 5 Terre

Golfo dei Poeti 5 Terre
途中にポツンと家が建っていたり。
Golfo dei Poeti 5 Terre
5村以外にも集落があったり。
Golfo dei Poeti 5 Terre

突然船がエンジンを止めて船内アナウンス。途端に下のデッキにいる人達がどよめきだす。アッパーデッキではアナウンスがよく聞こえない。周りの人達と「何事だ?」と。誰かが何かに気が付いてアッパー側も騒然となり始めた。相変わらず何事か分からずキョロキョロしていたら、後にいたおばさんが私の肩を掴んで海の方を指差した。何かいるのかなと見てみるが分からない。おばちゃんにさらに遠くを指差され、暫く眺めてると何かが飛んだ。
Golfo dei Poeti 5 Terre
船の横をイルカの群れが通過してたみたいだ。望遠レンズ付けてたのでそれなりに引き寄せて撮れてますけど、肉眼では「何か飛んだ」程度。
Golfo dei Poeti 5 Terre
騒ぎも落ち着き運航再開。

チンクエ・テッレ最初の集落が見えてきた。
Riomaggiore, Cinque Terre
『リオマッジョーレ (Riomaggiore)』
Riomaggiore, Cinque Terre
整備された港などはなく、岩場に接岸して乗り降りする。
Riomaggiore, Cinque Terre

Riomaggiore, Cinque Terre

Riomaggiore, Cinque Terre

Riomaggiore, Cinque Terre

次へ向けて出発。
Riomaggiore, Cinque Terre

チンクエ・テッレといえば、リオマッジョーレとマナローラを繋ぐ海沿いの道『愛の小道 (Via dell'Amore)』
2012年に起きた崖崩れで長いこと通行止めになっています。日本を経つ少し前に一部開通の情報が流れてきましたが、実際は今でも通行止め状態です。船の上から望遠で崖崩れ現場を撮影してみました。
Via dell'Amore, Cinque Terre
揺れる船の上から望遠なのでぶれている。

次の集落が見えてきた。
Manarola, Cinque Terre
『マナローラ (Manarola)』
Manarola, Cinque Terre

Manarola, Cinque Terre
↓崖崩れの筋が何本も見える。
Golfo dei Poeti 5 Terre

次の集落は『コルニリア (Corniglia)』
Corniglia, Cinque Terre
こちらは断崖の上にある集落で、船を着けられないので通過。
次に見えてきたは
Vernazza, Cinque Terre
『ヴェルナッツァ (Vernazza)』
Vernazza, Cinque Terre

Vernazza, Cinque Terre

Vernazza, Cinque Terre
線路は海沿いに敷かれているが、殆どがトンネルなので車窓からの眺めが良いというわけでもない。
Vernazza, Cinque Terre

Vernazza, Cinque Terre
最後の集落で、船の終点。
Monterosso al Mare, Cinque Terre
『モンテロッソ・アル・マーレ (Monterosso al Mare)』
Monterosso al Mare, Cinque Terre
海の色が綺麗。
Monterosso al Mare, Cinque Terre
こちらは港が整備されている。ただし、ご覧のような橋で乗り降りするので、スーツケースを持ったまま移動手段として利用するのは厳しいと思う。
Golfo dei Poeti 5 Terre

つづく・・・

拍手[0回]

2015.12.25 (Fri) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR