忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


阿蘇と竹楽 part 2

カブト岩展望所からの雲海撮影開始。この時点ではまだフィルムカメラは生きてたので、気分も良い。
 


左:フィルム機優先で撮影しているので、もう太陽が顔を出してますけど、デジタルでも綺麗さはそれなりにわかってもらえるでしょう。雲海は、太陽の出る瞬間を撮影するのが色彩的に一番綺麗なんです。その後いろいろとあって大観峰にて、帰ろうかどうしようかと暫く落ち込む。ガムテープ入手で仮復帰を果たしたので撮影再開。
 
右:阿蘇へ出向いて、雲海を期待する人の多くは大観峰に行くと思いますが、もし阿蘇谷に何も出てなければ、ちょっと後ろを振り返ってみてください。小国郷には雲海が出ている場合が多いです。今まで、そういうパターンが多かったです。

左:デジカメデータによると、9時30分でも雲海はまだこの状態です。いかに強烈だったか、地元テレビ局(カメラにはTKUと書いてあった)の取材が来てました
 
右:一段落したあと、ASO田園空間博物館へ移動。ネットに繋がったパソコンをお借りしてメールチェックと、日々の巡回先へちょっとした書き込み。これから撮影をどうしようかと頭を抱えながら、休憩室にて2時間ほど爆睡。目が覚めた後、カウンターにて近くにカメラ屋がないか聞くと、近所に写真館があるということで相談に行きましたが、修理はメーカーに送らないと無理との事で諦めました。
よって、50mm一本勝負が始まるのであった。

つづく、、、

■■
ASO田園空間博物館

拍手[0回]

2005.11.18 (Fri) | Comments(0) | ドライブ > 熊本・阿蘇 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR