忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


広島・呉ドライブ 18「厳島神社大鳥居のライトアップ」

本日の宿へチェックイン。設備の説明と部屋の確認を済ませたら、すぐにお出かけ。宮島へ行き、フェリーの最終便で戻ってくることを告げると、忙しい人だなといった感じでお見送りを受ける。

時間的なものだろうか、宿からは渋滞も無く30分程でフェリー乗り場の駐車場に到着。多少混雑しているものの、殆んどが島から戻って来た人達。この時間(17時過ぎ)から渡る人は少ないようだ。

宮島口から島へ渡るフェリーは2社が運行している。迷わずJRの運行しているフェリーに乗り込む。
JR Miyajima Ferry
なぜJR運行のフェリーかというと、大鳥居の前を通って宮島桟橋へ向う航路になっているからだ。
出航!


船がどれ位近付くのかわからないので、とりあえずレンズは標準域。しかし望遠レンズのほうが良かったみたい。
JR Miyajima Ferry
大鳥居周辺の粒々は観光客か。
JR Miyajima Ferry
桟橋到着。随分と日が傾いてきた。
JR Miyajima Ferry JR Miyajima Ferry
鹿のお出迎え。絡みたい気分を抑え、大鳥居の元へ急ぐ。
Miyajima
野生の鹿なので餌を与えないように注意書きがあるものの、完全に餌を貰い慣れている。それでも飢えていて、ビニール袋をぶら下げていると漁りに寄って行く。誰が捨てたのか、放置したのか、ゴミを漁る鹿。いかんな。
Miyajima

厳島神社へ到着。
潮が引いてるようなので鳥居のところまで。
the torii gate
かなり大きい。
the torii gate
この大鳥居、脚が埋まっているのではなく、砂浜の上に置いてあるだけ。自重だけで立っているというから驚き。
the torii gate

Itsukushima Shrine
↓鳥居周辺から神社本殿を
Itsukushima Shrine
↓山の向こうに日が沈む。
the torii gate
↓山があるから、大鳥居のシルエットが綺麗に出ないという。
the torii gate
↓潮の満ちていたほうが、写真としては綺麗だったかもしれない。
the torii gate
↓日が沈むと照明の点灯開始。
the torii gate
↓対岸の夜景と合わせて眺めるのが良い。
the torii gate
最初こそ足元を気にしながら歩いていたけど、空の残照がある内に沢山撮影しようと走り回っていたら、靴がぎとぎとになってしまったという。
フェリー最終便までの2時間、島内を歩き回ってみる。
つづく・・・

拍手[0回]

2014.07.02 (Wed) | Comments(0) | ドライブ > 広島 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR