忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
1 2 3 4 6
11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 2018 - 15「石硤尾:筆架山を登る」

山夜景の撮影に向かう。
見通し良さそうな空模様なのでスケール感のあるポイントを選択したいところ。
部屋を出た時間からブルーモーメントに間に合うスポットといえば…
『筆架山 (Beacon Hill)』
Beacon Hill at Blue Moment
三度目の挑戦となるか。
香港カウントダウン 12「筆架山からの夜景」
#香港 10「筆架山夜景」
時間が読めて、まだ一度もクリアに撮影できていないということで、ここに決めた。


MTRで石硤尾 (Shek Kip Mei)へ。
駅からはミニバス〔32M 畢架山花園〕に乗り畢架山花園 (Beacon Heights)で下車。
新道が開通し、暫くルートは固定だろうから、新しいアクセス方法を載せてみる。
Beacon Hill
ミニバスを降りたら左手後方へ。
左へと登る歩道を進む。
Beacon Hill
前方に獅子山を眺めながら歩道を進む。
Beacon Hill
坂を登りきった所に高そうな住宅が出来ています。その少し手前、左手に法面を登る階段。ここから入って行く。
Beacon Hill
送水管脇の階段を暫く登る。
Beacon Hill
階段を抜けると休憩所があり、車道へと出る。
Beacon Hill
車道を左手に歩き、門を抜けたらそのまま舗装路を山頂まで道なり。門が閉まっていても脇から抜けて行けます。
Beacon Hill

どこかからうめき声がすると思ったら、ロッククライミングしていた。
Beacon Hill

茂みでカサカサと物音。
猿!
Monkey at Beacon Hill
時間的にギリギリで余裕はないのに、止まらずにはいられない。
Monkey at Beacon Hill
獅子山を眺めつつ登る。
門を抜けてからのルートや、展望ポイントの情報は過去に載せているので、そちらを参考にどうぞ。
Lion Rock
展望ポイントの岩場に到着。
先客が多くて、いつもの三脚設置スペース空いておらず。
Beacon Hill
岩伝いに少し下った場所へカメラを設置。
Beacon Hill at Blue Moment
突き出た岩場に設置したのもあり風をまともに受ける。こういう時も安心の大型三脚です。
Beacon Hill at Blue Moment
麓から見上げてクリアでも、山の上からは霞んでる。香港ではよくあること。改めて過去に撮影した写真を見てみると、今までで一番クリアな状態にあるようだ。寒さに耐えて街明かりが灯るのを待つ。
つづく・・・

拍手[0回]

2019.03.01 (Fri) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR