忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


GT-Rとの思い出

R32について書かれた、以下の様な記事を見つけて読んでみた。
GT-Rとの思い出1】レースで勝つことだけを考えて作られた32
GT-Rとの思い出2】サーキットでは異次元の世界を体験
GT-Rとの思い出3】32の性能が33に受け継がれることはなかった
内容は、性能の面から見て書かれている。最後の文章は33オーナーからブーイングが出そうだな。

今までに何度か書いたことがあるかもしれないが、私が車に対して一番重要視するのはスタイルだ。自分は性能について語れる様な人間ではない。そんな私が第2世代GT-Rに対して抱くイメージ。
R32:戦闘美
R33:迫力
R34:大人(ガンダム!?)
感じ方は人それぞれだと思う。一目惚れする程の32の後だっただけに、33や34がデビューした時はそのスタイルに眉を潜めざるをえない感じがした。しかし、今となってはそれぞれに味がある様に感じている。そして最近の夢は32(白)、33(紫)、34(青)、そして今乗っている32mの4台をガレージに並べること。現状、自力では無理なので、宝くじ頼みである。
35はいつになろうとも受け入れることは出来ないだろう。あれ、本当はローレルだと思ってるから。


■■
Auto Gallery Net

拍手[0回]

2006.01.19 (Thu) | Comments(0) | クルマ | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR