忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


北海道旅行 05「元町散歩」

ホテルをチェックアウト。
本日の予定は、『洞爺湖』と『有珠山』を見学して札幌へ移動となっていた。
当初から、丸一日かけて函館まで移動してきたのに、夜景だけを見て移動することに不満の声が上がっていた。また、残念ながらこの日は朝から天気は雨で、この天気だと有珠山行ってもろくな見学が出来ないだろうと判断。ということで函館市内見学へと切り替えた。それぞれ行きたい場所が違うようなので、集合時間だけを決めて各自自由行動。

私は元町の教会群を見に行く。雨が降っているのでカメラはコンデジ一台のみだ。
駐車場で解散後、地図を片手に教会へ向かっていると、一ヶ月程前に横浜で見かけた女の子をここでも見かける。

色が剥げかけてるけど、ちゃんと赤い靴を履いていた。
ここから山手に曲がっていくと、昨晩もやって来た『八幡坂』だ。

再訪問というより通り道という方が表現は正しい。


勾配のある坂、車を停める時は車輪止めが無いと心配だ。

MT車なら、バッテリー上がってもすぐにエンジンかけれそう。
坂を登っていると目の前が函館山だ。天気が悪くて展望台が雲に覆われたり現れたりしている。

坂を登り切ったら、振り返って見下ろしてみる。

道路沿いの建物がもう少し景観を意識したデザインだったら、もっと良い雰囲気になるだろうなと思った。

登り切った所の道を左に曲がり、少し歩くと『函館ハリストス正教会』

敷地内に入ると全体を写せる場所がない。外に出ると植木で全体は見えない。
 

ファサード側の門から



教会敷地内から函館市街方面を見下ろしてみる。別の教会が見えている。

隣にも別の教会があったりするけど、デザイン的に好みではなかったので通過。

石畳の路地坂道が沢山あったりする。


次に辿り着いたのは、先程『ハリストス正教会』から見えていた『カトリック元町教会』

カメラがワイド端なのと、坂に惑わされて水平が出てるのかどうなのか。
 
ゴシック様式。ラインが美しい。


教会を出て目の前の通りを歩いていると、凄く存在感のある大きな瓦屋根。
『東本願寺函館別院』

瓦が雨に濡れ、雲を反射していて漆黒感が出てないのが残念だ。一眼にPLフィルター付けて撮影したかった。
お寺横を歩いて広い坂に出ると、そこが『二十間坂』
 
なぜか自由の女神が立っている。お店の客引きアイテムだろう。
この場所を引きで見ると・・・
自由の女神、ゴシック教会、お寺。

なんだよこのまとまりのない光景は。珍百景に登録してもよさそうだ。

この辺りで集合時間が近付いたので駐車場へ戻った。
つづく・・・

拍手[0回]

2011.10.14 (Fri) | Comments(0) | ドライブ > 北海道 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR