忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20
24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


角島大橋~四国巡行 10『竜串海岸』

当初立てたスケジュールでは、一度来た場所に戻るなんてことを全く想定していなかった。区間の往復は想定していたものの、ポイントへ引き返すなんて。しかしサニーロードは海を眺めながら走っておきたい。贅沢言えば夕陽まで・・・ということで戻る事に。

前日に寄り、薄暗い中見物したものの、どうせだからと再度寄ることにした。風と波による奇岩の造形美。土佐清水市竜串「竜串海岸」
[ここまで自宅から914km走行]

(画像クリックで拡大表示)
駐車場にはナイトスクープで桂小枝が“パラダイス”を求めてやって来そうな、寂れた感じの龍宮城が建ってたり。駐車場所に車をとめて外に出ると「見てって~」と、周りにある売店のおばちゃん達が必死に珊瑚を売ろうとしたり。なんだか別世界に来たような不思議な感覚のする場所だった。おばちゃん達には『後でね~』と、取りあえず海のほうへ。


海に出る場所にある案内看板によると、一周約25分の散策コースとなっている。

海が綺麗です。角島周辺とはまた違う綺麗さです。角島周辺がエメラルドグリーンならば、この辺は濃いグリーン。思わず海に向かってダイブしたくなる。
全部を見て回るつもりは無い。「大竹小竹」まで行って引き返してきた。
石の形が、竹の節の様に見えるからそんな名前を誰かが付けた模様。

蜂の巣状の奇岩

駐車場に戻ると、またおばちゃん達に「見てって~」と声をかけられ・・・・負けたのだった。珊瑚で作った携帯ストラップをお土産に購入。ついでに世間話を少々(笑)
『海の色が綺麗ですね』と言えば、「あ~、あんた福岡からね。福岡はまだ山ばかりだろ?」って・・・・・・・どの時代辺りで情報がストップしているのだろう。まさか、まだ炭鉱と製鉄で生活しているとでも思われていないだろうか(笑)
つづく、、、


竜串・見残し奇岩パーク/竜串海中公園 ~竜串観光振興会

拍手[0回]

2009.06.04 (Thu) | Comments(1) | ドライブ > 四国 | Edit |

コメント


いゃ~!
すばらしい景色・・・と思い拝見していると
所々に「32」が・・・(笑)
そんなところにも、tomosangさんの
32への思いが強いのを感じます。
私も自分の32に似たのを作ろうかしら?
どノーマルの白32、2ドアってあるかな?^^

2009. 06. 06 - 09:21 | にゃんこ [編集]
Res:
多分だけど、うちのブログに来てる人は32が入ってないただの景色写真だと満足しそうに無い(笑)そんな事考えながら撮っているわけじゃないですけどね(^^ゞ


>どノーマルの白32、2ドアってあるかな?^^
少しサイズが大きいですけど
http://tomosang.blog.shinobi.jp/Entry/996/
なんてどうでしょう?
【 2009. 06. 08 - 23:15 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR