忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

04
06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


長崎ドライブ 03「諫早湾干拓堤防道路」

諫早といえば干拓。
干拓事業により造られた潮受け堤防道路へ。

白木峰高原からも見えていた水門群。

ここから約7km、湾を封鎖している堤防の上が道路になっていて、湾を横切ることが出来る。
と、ここまで来て干拓地の様子を見るために引き返す。

拍手[0回]

2011.11.26 (Sat) | Comments(0) | ドライブ > 長崎 | Edit |

長崎ドライブ 02「諫早・轟峡」

白木峰高原にあったガイドマップに掲載されていた場所へ行ってみる。
高原を下り、広域農道を抜けて県道136号を上る。
こういう道は32の方が楽しいな、とか思いながら到着『轟峡』

大まかな当初の予定では今頃長崎市内を観光しているはずなのに、なぜか諫早の山の中にいる。思いつきで動ける、これだから旅は一人のほうが楽しい。

拍手[0回]

2011.11.25 (Fri) | Comments(0) | ドライブ > 長崎 | Edit |

長崎ドライブ 01「諫早・白木峰高原」

10月8, 9, 10日の三連休に長崎へ行ってきた。
既に一ヶ月以上経過していることに驚きつつ載せていこう。

この時32は藤壺に入庫中であり、代車にはETC器が付いてなかったので、乗って行ったのはノテだ。
8日1時過ぎから高速に乗り長崎を目指す。いつものことだけど夜景スポット以外何も調べずに出かけようとしていた。どうせだからどこか朝陽を綺麗に拝めるスポットへ寄りたいと下調べ。東向きで開けたスポット・・・・ということで、予定を変更して諫早インターで一般道へ降りる。静かな諫早市街を抜け車を五家原岳方面へ。

到着したのは『白木峰高原』
ここからなら諫早湾を挟んで雲仙方面までを一望で、方角的にも目の前から朝陽が昇ってくる。「五家原岳」山頂までも車で行けるらしいけど、湾が遠景になるのでその手前にあるこの高原を選択した。
初めての場所で、真っ暗だしどうなっているのか分からず、どこに行けば湾が見渡せるのかと勘で敷地内をうろつく。なんとか見つけた眺め。

確かに諫早湾一望の素晴らしい眺めだ。
干拓事業の堤防道路へズーム。

レンズを右に振ると諫早市街の夜景が木々の隙間から見えているが、ほとんど見えていないので載せる程のものではない。この眺め綺麗だけども、空を見上げると凄い数の星々!

拍手[1回]

2011.11.22 (Tue) | Comments(0) | ドライブ > 長崎 | Edit |

佐世保市・弓張岳へ

仕事で佐世保へ行って来ました。
本来なら夕方には帰り着く行程でスケジュールを組んでいるのですが、ちょっとトラブルに巻き込まれ、随分と遅くまで佐世保市内へ留まる事となってしまいました。
しょうがないというか、ついでというか、行きたかったので(笑)夜景100選「弓張岳展望台」へ寄って、夜景を眺めて帰ってきた。

(画像クリックで拡大表示)
展望台からは、目の前に米海軍基地や佐世保市街を一望できるようになっている。

気のせいか、佐世保の街は野良猫がとても多い。

拍手[0回]

2010.07.29 (Thu) | Comments(0) | ドライブ > 長崎 | Edit |

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR