忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港旅行2014 - 29「セント・ジョンズ教会」

旅行5日目:最終日の11月4日
宿をチェックアウトして、スターフェリーで香港島へ渡る。
フェリーターミナル横の埋立地に観覧車設置中。
Central, Hong Kong
私の帰国後、少しして営業を開始したようです。チケットが観覧車にしてはえらい髙いようで、あまり客入りは良くないらしい。3年間の期間限定営業で、その後解体されるということです。

前回は九龍駅で利用したインタウンチェックイン。今回は香港駅で利用する。


九龍駅とは違い、地味です。
In-town Check-in at Sta. Hong Kong Kong
香港エクスプレスのカウンターだけ誰もいない。
In-town Check-in at Sta. Hong Kong Kong
カウンターに・・・
In-town Check-in at Sta. Hong Kong Kong
まだそんな時間じゃないのに、どうして誰もいない。
ウロウロしていたら、後からやって来た人がスタッフを見つけ出してチェックイン開始。しれぇーっと、後ろに並ぶ。

荷物を預け身軽になったら、フライトまで少し時間があるので、最後の観光へ向かう。
Central, Hong Kong

中環から金鐘方面の雨傘広場を眺める。加油!
Central, Hong Kong

スターフェリー乗り場からピークトラム駅へと向かう途中にある教会へ。
聖約翰座堂(セント・ジョンズ教会)
St. John's Cathedral
前回来た時は工事中で見学が出来なかったゴシック様式の教会。
St. John's Cathedral
フェサード前にあまりスペースがなく、全体が撮影できないので斜めから。
St. John's Cathedral

St. John's Cathedral
中は"NO PHOTP"のようだ。が、中にいた人が普通に撮影していたので、便乗して・・・
St. John's Cathedral

St. John's Cathedral

St. John's Cathedral

St. John's Cathedral
夜にはライトアップされています。昨晩、ピークからの帰りに撮影した写真。
St. John's Cathedral
入口の門は開いていましたが、教会の鍵が開いているのかはわかりません。夜間はステンドグラスが見えないだろうと、端から見学するつもりがなかったので、確認もしていません。

出国の時間が迫ってきました。
機場快線(エアポートエクスプレス)に乗り空港へ向かいます。
Window view from Airport Express
荷物を運ばなくて良い手軽さはあるけど、車窓に面白味が無いから、やはりエアポートエクスプレスは好きじゃないないな。
つづく・・・

拍手[0回]

2015.03.12 (Thu) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR